天気予報

26

19

みん経トピックス

神戸の春祭みこし担ぎ手募集神戸旧居留地に写真スタジオ

神戸・元町のさつまいも「紅はるか」専門店がオリジナルパン販売へ

神戸・元町のさつまいも「紅はるか」専門店がオリジナルパン販売へ

「紅はるか」を使ったパンの販売を始めたさつまいも「紅はるか」専門店「ARCOBALENO KOBE(アルコバレーノ神戸)」

写真を拡大 地図を拡大

 神戸・元町のさつまいも「紅はるか」専門店「ARCOBALENO KOBE(アルコバレーノ神戸)」(神戸市中央区元町通2、TEL 078-599-8324)が2月20日、「紅はるか」を使ったパンの販売を始めた。

パティシエの向原香織さん

 「紅はるか(農林64号)」は、2010年に品種登録された新しい品種のさつまいも。同店スタッフによると、焼き芋にしたときの糖度が40度を超え、繊維質も豊富なため美容食品としても注目されているという。同店では、鹿児島県肝属郡(きもつきぐん)南大隅町の山中にある自家農園と提携農園で減農薬栽培した「紅はるか」を使う。

 昨年2月14日にオープンした同店は、テレビのドキュメンタリー番組でも紹介され、関西圏で10カ所以上のイベントに出店するなど話題を呼んだ。9月には、2号店となる「アルコバレーノ umie」(東川崎町1)を出店した。

 メニューはこれまで、「焼き芋」(Sサイズ=360円~)、「窯出しぽてはるか」(194円)、「紅はるかのマドレーヌ」(130円)などを販売してきたが、同店パティシエの向原香織さんが得意分野としていたパンをスタッフのまかない用に作ったことがきっかけで今回、「紅はるか」を使ったパンを商品化した。

 「紅はるか」を使ったパンは、デニッシュ生地にさつまいもクリームを乗せ焼き芋をトッピングした「薩摩!芋スティック」(160円)、さつまいもクリームと焼き芋の角切りが詰まった「薩摩!芋クリームパン」、「ぽてはるかのデニッシュ」(以上170円)など5種類。「ハムオニオンチーズ」(170円)、「クロワッサン」(180円)なども日替わりで販売する。

 同店を経営するアトラスマネジメント(北長挟通1)の濵田修一社長は「砂糖とは違った素材そのものの甘みがうまく出せたと思う。パンはスイーツと違って、毎日食べていただける商品。毎日12時に焼き上がるが、早い時には数時間で完売することもある」と話す。「今後もお客さまに喜んでいただけるような新商品を開発していきたい」と意気込む。

 営業時間は12時~19時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング