3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

神戸・北野坂に炭火炉端とおでんの店「舷」-炉端焼き「櫂」に載せて提供

炉端焼きを「櫂」に載せて提供

炉端焼きを「櫂」に載せて提供

  • 0

  •  

 神戸・北野坂に5月27日、炭火炉端とおでんの店「北野坂 舷(げん)-GEN-」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-331-7323)がオープンした。経営は「サンマルク神戸店」など神戸市内に5店舗を展開するメイワ(港島中町6)。

店内の様子

 同店は三宮の日本料理店「櫂(かい)」(八幡通4)の姉妹店。「櫂」で経験を積んだスタッフの次の活躍の場を提供すると同時に、「櫂」で培っただしをベースに年中「おでん」を楽しめ、新鮮な海・山の幸を豪快に焼き上げ、櫂に載せて提供する炉端の進化版として出店した。

[広告]

 店舗面積は25坪、テーブル12席、カウンター10席、個室6席1部屋を用意する。店内は、木目と和紙のクロスで、和のモダンテイストなシックな雰囲気を演出。店の表では庄屋の蔵にあった江戸時代の骨董(こっとう)品、福助の「GENさん」が客を出迎える。外食事業部事業部長の小野達也さんは「船を漕(こ)ぐのはオールの櫂。船の右舷と左舷のバランスを保ち前進していきたいという思いを込めて店名を『舷』にした」と明かす。

 メニューは、カツオだしをベースに汁まで飲めるおでんは、大根、すじ、練り物、「創業90年の豆腐屋のがんもどき」など(350円~)、炉端焼きは「札幌中央市場直送トロホッケ」「長崎産マグロのほお肉のステーキ」(1,280円~)、「鬼シシャモ」(680円)、「丹波赤鶏」(750円)、「季節の焼野菜」(350円~)、名物の「特選黒毛和牛のすじこん」(650円)などを取りそろえる。

 ドリンクは、おかみがセレクトする地元メーンの日本酒「福寿」「櫻正宗」「白鷹」など(グラス=500円~、とっくり=950円~)や「きき酒セット3種」(1,000円)。ビール、ワイン(赤・白)、焼酎なども用意する。

 小野さんは「食の安心安全にこだわり、自分たちが食べたいと思うもの提供していきたい。お客さまが注文した素材が目の前で豪快に焼き上げられるライブ感も味わえる『食のライブハウス』にしたい。割烹が作る炉端焼きやおでんを、ぜひ楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は17時~23時。

  • はてなブックマークに追加