プレスリリース

GSX、神戸デジタル・ラボと川口洋氏監修の超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングを共同開催

リリース発行企業:グローバルセキュリティエキスパート株式会社

情報提供:

 グローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区海岸1-15-1|西日本オフィス:大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28、代表取締役社長:青柳 史郎、https://www.gsx.co.jp/、以下、GSX)は、株式会社 神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区京町72、代表取締役 永吉 一郎、https://www.kdl.co.jp/、以下KDL)と2019年5月より協業を開始します。その第一弾として、5月22日、6月5日の二日間、超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングである「Micro Hardening:Enterprise Edition」を神戸三宮のKDL本社セミナールームにて共同開催します。  この取り組みによって、西日本エリアにおけるセキュリティエンジニア育成にお悩みの企業担当者の課題解決をご支援します。


◆企業におけるサイバー攻撃対応の現状と課題

 近年の外部脅威(サイバー攻撃)の激化に伴い、その脅威に対峙する場面も少なくない企業担当者にとっては以下のような課題に直面しているケースがあると思われます。

・セキュリティに関する基本的な知識が不足している
・セキュリティに関するトレーニングが退屈で敬遠される
・知識はあるが、経験が不足しており、緊急時に対応できない
・手順書や規定が整備されているが、対応のスピード感や温度感がわからない
・システムの資産管理ができていないため、対策に漏れがでている
・システム運用を軽視した対応で障害が引き起こされる
・対応能力の向上は個人の取組に依存しており、組織として対応できない

 これら課題の解決には「エンジニアが手を動かして繰り返しサイバー攻撃対応を経験するトレーニングの提供」が必要となります。

◆Micro Hardening:Enterprise Editionとは

 Micro Hardening:Enterprise Editionは45分間の演習を1セットとし、1日に4セット実践演習するセキュリティ業界で活躍する川口洋氏(株式会社川口設計代表取締役)が総合プロデュースする超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングです。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定されていますので、再チャレンジするたびに、少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を実際に試すことで、どのような事が起こるのか、スリルとクリアする快感を伴って「経験」できます。
 今まで培った知識を現実に即した「攻撃への対処」として実践する事で、短時間に大きな経験をつむことができます。
 Micro Hardening:Enterprise Editionご紹介動画(トレーニングコンセプトや特長、お客様の声など)についてはこちらを御覧ください。
 https://youtu.be/6vjeukZmkoA

■演習参加詳細(通常開催要項)

・演習時間:1日7時間(10時~18時)
・参加費 :12万円/人
・演習回数:4セット(45分 x 4回)/日
・定員:20名【事前登録制】 ※1チーム4名での構成を想定
・最小催行人数:8名様
 (当該人数に達しない場合は、10 営業日前に講座を中止する可能性がございます)
・配布物 :演習記録と解説資料(終了後)
・演習解説:全セット終了後に解説講義

◆神戸三宮開催 Micro Hardening:Enterprise Edition 詳細について

 この度の両社協業施策では、KDL本社を構える神戸三宮でMicro Hardening:Enterprise Editionを共同開催するとともに、参加費用を特別価格でご提供します。西日本エリアにおけるセキュリティエンジニア育成啓蒙を神戸三宮から発信することで、当該エリアでセキュリティエンジニア育成にお悩みのお客様の課題解決をご支援します。

…………………………………………………………………………………………………
【西日本初上陸!】Micro Hardening:Enterprise Edition 神戸デジタル・ラボ 開催
…………………………………………………………………………………………………
https://www.gsx.co.jp/academy/microhardening.html
…………………………………………………………………………………………………

・日程:
 2019年5月22日(水)
 2019年6月 5日(水)

・時間:
 10:00~18:00(受付開始:09:30~)

・定員:
 各日程20名【事前登録制】 ※1チーム4名での構成を想定

・ご参加対象者:
 広くセキュリティを担当するエンジニア
 CSIRTメンバーやSOC担当者
 公開系システムを開発、運用するエンジニア
 エンジニア職の新入社員

・参加費(特別価格でのご提供 定価¥120,000):
 ¥98,000(税抜)/ 1名

・主催(共同開催):
 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 グローバルセキュリティエキスパート株式会社

・Micro Hardening:Enterprise Editionトレーニング 一日の流れ:
 以下のタイムスケジュールに倣い、トレーニングを実施します。

─────────────────
10:00~11:00 事前解説
─────────────────
11:00~11:45 1セット目
─────────────────
11:45~13:00 昼休み
─────────────────
13:00~13:45 2セット目
13:45~14:15 休憩&振り返り
─────────────────
14:15~15:00 3セット目
15:00~15:45 休憩&振り返り
─────────────────
15:45~16:30 4セット目
16:30~16:45 休憩
─────────────────
16:45~17:15 ディスカッション
─────────────────
17:15~18:00 解説
─────────────────

・会場:
 株式会社 神戸デジタル・ラボ セミナールーム
 〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
 TEL 078-327-2280(代表)
株式会社 神戸デジタル・ラボ セミナールーム


…………………………………………………………………………………………………
Micro Hardening:Enterprise Edition 神戸デジタル・ラボ 開催
講座へのお申し込みはこちらから
https://www.gsx.co.jp/MicroHardening
…………………………………………………………………………………………………


◆株式会社神戸デジタル・ラボについて

社名 : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
本社 : 〒650-0034 神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
代表者 : 代表取締役 永吉 一郎
設立 : 1995年10月
URL : https://www.kdl.co.jp/
事業内容:ITコンサルティングサービス、システム開発・運用・保守、Webプロモーション、クラウドサービス、スマートデバイスアプリ開発、情報セキュリティサービス、先端技術開発など。

神戸デジタル・ラボ(KDL)は、「ITで未来を創る」をスローガンに、WEBビジネスを軸に情報システム開発・運用・保守サービスのほか、VRやIoT、データ活用などの先端技術や、関西有数の情報セキュリティソリューションを提供する独立系ベンダーです。


◆グローバルセキュリティエキスパート株式会社について

社名 : グローバルセキュリティエキスパート株式会社
本社 : 〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム4F
西日本オフィス:大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル3F SYNTH
代表者 : 代表取締役社長 青柳 史郎
資本金 : 1億円
設立 : 2000年4月
コーポレートサイトURL:https://www.gsx.co.jp/
EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座:https://www.gsx.co.jp/academy/academy.html


―GSXは、サイバーセキュリティ教育カンパニーです―

わたしたちは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社であり、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育メニューや情報セキュリティ特化事業再生支援サービスをご提供しています。
以下のように「教育」という観点を各事業の軸に据え、お客様へセキュリティへの気づきを与え、セキュリティ市場を活性化する事で、日本の情報セキュリティレベル向上に貢献します。

直接的な教育貢献
総合的な教育事業提供社として、EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座を介してセキュリティエンジニアを輩出し、標的型メール訓練サービスやITセキュリティeラーニングであるMina SecureR及びサイバーセキュリティ演習サービスを介してお客様のセキュリティリテラシーを向上します。

間接的な教育貢献
GSXの既存事業(脆弱性診断サービス、コンサルティングサービス、サイバーセキュリティソリューションサービス)を介して、各サービスに関係するサイバー犯罪やそのリスク、さらにお客様の現状の課題についての”気づき”と、対策の正しい進め方を提供することで、あらゆる事業活動を教育啓蒙の場として活用します。

市場活性化としての教育貢献
お客様の情報セキュリティリテラシー向上のため、共にお客様をサイバー脅威などから守れる業界のプレイヤー(パートナー様)を増やすことを目指します。志を同じくするプレイヤーを増やすことで、さらなる市場の活性化を推進します。

※本文中に記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ