プレスリリース

夏の夜は彩り豊かなスマスイに大変身!スマスイナイトアクアリウム「IRODORI×ART」開催

リリース発行企業:神戸市立須磨海浜水族園

情報提供:

神戸市の水族館・神戸市立須磨海浜水族園は、2019年7月13日(土)~9月1日(日)の夏休み期間、開園時間を4時間延長して夜9時までお楽しみいただける特別夜間開園「IRODORI×ART」がスタートしました。 通常の閉園時間である午後5時を過ぎる頃、園内は美しい光や色とりどりの演出で、昼とは異なるアーティスティックな空間へとイメージチェンジします!




幻想的な光の切り絵「海のパレット」
光の切り絵作家の酒井敦美氏による、光を透して表現するオリジナルの切り絵作品です。本館エントランスホールの天井や床面に映し出される、カラフルな花やフルーツそして、様々な海の生きものたちが織りなすファンタジックな世界を楽しめます。
床に映し出される光の切り絵の中で遊ぶ子供たちの様子とあいまってとても温かい気持ちになれる作品です。

・開催時間:17時~21時
・開催場所:本館1階 エントランスホール

幻想的な空間につつまれる光の切り絵「海のパレット」

須磨海浜水族園で巡るアート
水族園にある既存のアート作品はもちろんのこと、期間限定の招待アーティスト作品も見どころの一つです。大水槽の岩場の上には、六甲ミーツアート芸術散歩より現代美術二等兵の「がっかりトリプル」が、世界のさかな館コイ池には「KoiのRock’n’Roller」が展示。

大水槽の2階から見えるのは「がっかりトリプル」
気づけば最初からそこにあったかのように馴染んでいますが、じっくり見ているとシュールすぎて写真を撮らずにはいられなくなるでしょう。

「KoiのRock’n’Roller」コイたちも聞いてくれる?!

気分は探検隊?!アマゾンナイトジャングル
聞こえてくるのは、実際に飼育員が南米ブラジルで録音してきた夜のアマゾンの環境音。カエルや虫など生きものたちの大合唱で賑やかな音の世界とは対照的に、薄明かりに浮かぶ古代魚「ピラルク」のシルエットはとても神秘的です。
・開催時間:18時~21時
・開催場所:アマゾン館
普段のアマゾン館の様子
神秘的な空間に包まれるアマゾンナイトジャングル


夜を彩るデジタルアート
今年は、三角屋根が特徴的な本館の外壁にプロジェクションマッピングを施し、みなさんを出迎えます。入園前でも、入園後でも、水族館に入らなくても、どなたでも見ることができます。

・開催時間:19時30分~21時
・開催場所:本館外壁
本館外壁へのプロジェクションマッピングは初開催


イルカたちのパフォーマンスとプロジェクションマッピングが融合
「イルカトワイライトライブ 彩の宵(いろどりのよい)」
ナイトアクアリウムを夏祭りに見立て、イルカナイトライブはそのフィナーレとして表現されています。次々に現れる色彩豊かなグラフィックと、大迫力のイルカパフォーマンスの融合により、皆さまを一気にクライマックスへと誘います。最高潮からラストは祭りの後の少しさびしげな余韻の残る構成となっています。緩急のある内容で最初から最後まで目が離せません。

・開催時間:20時~約15分間
・開催場所:イルカライブ館

アート感溢れるイルカナイトライブは必見


夜の生きものたちを観察「ブラックナイトアクアリウム」
その名の通り、灯かりの無い水族館。以前開催した時に人気だったイベントが期間限定で復活します。特別な懐中電灯の赤い光のみで真っ暗闇の水族館の中を進んでいきます。肝試しのような、探検をしているかような雰囲気の中で、生きものたちがどのように過ごしているのかじっくりと観察してみてください。普段とはまるっきり違う過ごし方をしている生きものたちの様子にきっと驚くでしょう。

・開催期間:7月31日(水曜)まで
・開催時間:20時~閉園まで

普段とは違う様子を観察してみて


フォトジェニックなスポットがたくさん
園内にはフォトスポットがたくさん設置されていますのでカメラは必須です。海の生きものたちをかたどったイルミネーションや、カラフルなフラッグや風車などの華やかな演出が施されていますので、素敵な写真が撮れる事間違いなしです。

イロドリの演出

ナイトプールさながらのペンギンプールでは、カラフルな球体とジャグジーでラグジュアリー感を演出。運がよければペンギンが泳いでいるかも。
ペンギンナイトプール


夏限定!「IRODORI×メニュー」もおすすめ
園内レストランやファストフード店では、ポップなカラーが可愛らしいドリンクなど期間限定の「IRODORI」メニューを販売しています。味はもちろん、見た目もカラフルでひんやり涼しげなメニューをぜひご賞味あれ。

(左)いろどりカルピスレモネード/(右)ドルフィンスプラッシュシリーズ「ブルー」


【番外編】恐竜たちもやってくる「恐竜館」
迫力満点のティラノサウルスやトリケラトプスの模型を展示します。化石や骨格標本から恐竜ロボット、3Dシアターまで揃っていますので、お子様と一緒に楽しく学べます。

・開催期間:7月20日(土)~9月1日(日)
・開催場所:和楽園特別展示室
・開場時間:平日 10時~17時、土日祝 11時~19時 ※最終入園は閉場の30分前
・入場料金:400円 ※3歳未満無料(但し3歳未満入場の場合、保護者同伴)




神戸観光のお供にスマスイはいかが
スマスイは当日に限り再入園も可能(※園内インフォメーションで手続きが必要)で、昼の水族館を見学してから、海岸散策や、三宮界隈へおでかけした後で、再び夜の水族館に訪れることもできます。
また、8月には夏休みの自由研究にピッタリな、線香花火ワークショップも開催します。
2019年の夏は、昼も夜も楽しめる須磨海浜水族園へお越しください。




神戸市立須磨海浜水族園
〒654-0049 神戸市須磨区若宮町1-3-5
TEL:078-731-7301 FAX:079-733-6333
開園時間:9時~17時
※7/13~9/1は、9時~21時

※特定日8/11~14・17(土)・24(土)・31(土)は、9時~22時
入園料:大人(18歳以上)1300円、中人(15~17歳)800円、小中学生500円、幼児無料

  • はてなブックマークに追加