プレスリリース

アクロバティックなエクストリームスポーツ、トリッキングバトル世界大会TBJXWOT2019大会結果!!日本の岩本将成(14)が世界大会を優勝し世界チャンピオンに!!

リリース発行企業:一般社団法人日本トリッキング協会

情報提供:

10月13、14日に神戸ハーバーランドスペースシアターでトリッキングバトル世界大会「TBJxWOT2019」が開催されました。日本大会トリッキングバトルオブジャパン「TBJ」と世界大会ワールドオブトリッキング「WOT」のどちらも、日本の岩本将成(14)が優勝しました!


10月13、14日に神戸ハーバーランドスペースシアターでトリッキングバトル世界大会「TBJxWOT2019」が開催されました。日本大会のTBJ(トリッキングバトルオブジャパン)とは日本チャンピオンを決めるトーナメントです。近年では海外の一般選手も出場しています。ここで勝ち抜いた上位選手が世界大会であるWOT(ワールドオブトリッキング)への出場権を獲得し、海外から招待された世界のトップ選手(トリッカー)と世界一の称号を争います。
今大会では総勢約80名、9か国の選手の中から争われTBJ(トリッキングバトルオブジャパン)とWOT(ワールドオブトリッキング)のどちらも日本の岩本将成(14歳)が優勝し日本チャンピオンと世界チャンピオンに輝きました!






14歳以下部門では 黒田蒼人(14歳)が優勝しました!



ペア部門では貞末遥稀(17歳)と榎本鷹大(24歳)のペアが優勝しました!



トリッキングとは空手、カポエラ、テコンドーなどの武道の動きに、体操やダンスなどの動きを融合し、発展させた新しいスポーツです。発祥はアメリカで、2000年代からYouTubeを中心に世界へ広がりました。トリッキングの技はパルクールやサーカス、エンターテイメント業界にも注目されハリウッド映画にもたびたび取り入れられています。

トリッキングバトルとはお互いの技を見せ合いバトルする競技です。
ジャッジの判断基準は、技の難易度(キックや宙返り、ひねり技やつなぎ等)、完成度、オリジナリティを総合的に判断しています。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
名称:一般社団法人 日本トリッキング協会(JTA)
住所:兵庫県神戸市中央区南本町通1-1-1
電話番号:078-203-4307
メールアドレス:info@tricking.jp
ホームページ:https://www.tricking.jp

  • はてなブックマークに追加