プレスリリース

コロナに打ち勝て!介護施設で「健康野菜ジュース」を飲んで免疫力アップ。

リリース発行企業:社会福祉法人あかね

情報提供:

兵庫県で介護施設を運営する社会福祉法人あかね(本社:兵庫県尼崎市 理事長:松本 真希子)は、猛威を振るう新型コロナウィルスやインフルエンザなどの感染症から、お客様やスタッフを守るべく健康野菜ジュースサービスを開始しました。素材にもこだわり〈農薬・化学肥料不使用〉の自家農園「あかね農園(兵庫県姫路市書写松ヶ坪2672-1)」の安心野菜を使用しております。


日によってベース野菜がトマトや葉野菜に変わります。

◆ コロナによる不安を少しでも和らげたい

コロナ感染による重度化リスクが高い高齢者と、「自分がクラスターのきっかけになるかもしれない」という不安を抱える現場スタッフは、日常的に多くのストレスを抱えています。そんなみなさんの健康をバックアップしようとグループ施設の管理栄養士が集まり健康ジュースのレシピ開発。コロナに打ち勝つお手伝いができたらと意気込みます。
各施設の管理栄養士や介護士がレシピを開発しています。
食事はお客様の体や健康を維持する重要なサービスなだけに、自信をもって提供できる食材を使ってお届けしたい。そんな思いからあかね農園では農薬・化学肥料不使用栽培と鮮度にこだわり、獲れたて野菜を週4回グループの介護施設へ配送しています。その野菜を使って新たにスタートしたのが「健康野菜ジュース」の提供です。


コロナが落ち着いていた昨年中ごろの試飲会。飲みやすくおいしいとお客様に好評


◆ 健康野菜ジュースの材料
提供する健康野菜ジュースに使われるのは、「野菜ソムリエ協会主催の全国トマトグランプリ2019」で3位を受賞した高糖度トマトや、小松菜やホウレン草などの葉野菜を使用。新鮮で安全な野菜を使ったジュースには、コロナに打ち勝つ免疫力UPだけではなく、骨粗しょう症の予防や肌や脳の老化防止、などさまざまな効果が期待できることから、介護サービスだけでなくシニア賃貸マンションの入居者にも利用拡大中です。
トマトは野菜ソムリエ協会主催「トマトグランプリ」に入賞したものを使用


◆ 介護施設のお客様に安心・安全な食事を提供したい
社会福祉法人あかねでは、兵庫県姫路市内に7,000坪の自社農園「あかね農園〈農薬・化学肥料不使用〉」を運営。介護技術だけではなく食事サービスも妥協しない福祉サービスを目指し、お客様の食事に使われる野菜を少しづつ自社生産の農薬・化学肥料不使用野菜に置き換える取り組みを行っております。
ハウス内で農薬化学肥料をつかわず栽培

社会福祉法人あかねでは消毒や感染予防グッズだけではない、体の中から新型コロナウィルス感染症やインフルエンザ予防に取り組んでおります。


社会福祉法人あかね公式HP
https://e-akane.com/

あかね農園 公式オンラインショップ
https://akanefarm.jp

あかね農園 オンラインショップ(楽天市場店)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/grace-cucina/

  • はてなブックマークに追加