天気予報

31

24

みん経トピックス

商店街アイドル全国デビュー神戸で震災追悼イベント

阪神・淡路大震災を機に受け継いだ「ホテルに建つ公式灯台」、一般公開

阪神・淡路大震災を機に受け継いだ「ホテルに建つ公式灯台」、一般公開

1月17日に一般公開する「ホテルに建つ公式灯台」

写真を拡大 地図を拡大

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区波止場町、TEL 078-325-8111)で1月17日、「ホテルに建つ公式灯台」が一般公開される。

ホテル最上階バルコニーに立つ灯台

 同ホテル14階南側バルコニーに立つ灯台は、海上保安庁から正式に認可を受けた、日本で唯一のホテルに立つ公式灯台。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で被災し、全壊した旧オリエンタルホテルから受け継いだもので、普段は一般開放していない14階バルコニーを一日限定で開放する。

 1964(昭和39)年、旧オリエンタルホテルが神戸市中央区京町に移転した際、「港町神戸のシンボルに」と日本で初めてホテルの屋上に設置された灯台。30年間神戸の海を照らし続けた灯台は大震災で休止をやむなくされたが、同年7月に開業が決まっていた同ホテルへの移設が決定し現在に至る。1995(平成7)年7月7日に行われた点灯式では、午後7時7分に神戸の復興を願う777発の花火が打ち上げられたという。

 同ホテル広報担当の三上紅美子さんは「毎年、11月1日の『灯台記念日』前後にも一般公開しているが、灯台や神戸の歴史のファンの来場が多い11月に対して1月17日は震災の日ということもあり、東遊園地へ行ってから灯台を見て帰られるお客さまも多い。ホテル最上階のバルコニーから、現在の長田、三宮、復興した神戸港を眺めながら、しみじみと『あの日は大変だった』と感慨にふけっておられる方もいらっしゃる」と話す。

 公開時間は15時~17時。予約不要、参加無料。雨天決行、荒天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング