見る・遊ぶ

神戸ファッション美術館で大規模グッドデザイン賞展 東京以外で初開催

一般推薦によりノミネートされるロングライフデザイン賞を受賞した「関西ノートB5学習帳」

一般推薦によりノミネートされるロングライフデザイン賞を受賞した「関西ノートB5学習帳」

  •  

 東京以外で初となる大規模グッドデザイン賞展「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」が11月23日、神戸・六甲アイランドの「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区向洋町中2、TEL 078-858-0050)で始まる。

グッドデザイン賞を受けたKOBEパークレットの取り組み

 グッドデザイン賞は、1957(昭和32)年創設の旧通商産業省によるグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを生かすことを目的に、公益財団法人日本デザイン振興会が毎年表彰を行っている。

[広告]

 「都市の明日をつくるデザイン」をテーマに行う同展は、神戸市がユネスコ創造都市ネットワーク「デザイン都市」認定10周年を迎えたことを記念して企画した。最新の受賞対象の中でも特に優れた評価を与えられた「グッドデザイン・ベスト100」を中心に、時代を超えて愛されてきた「ロングライフデザイン」や兵庫県内の受賞対象を紹介する。

 「LONG LIFE DESIGN」では「関西ノートB5学習帳」など約50点、「GOOD DESIGN, GOOD FASHION」では「ジュニア用軟式プロテクター BPP570」など約10点、「GOOD DESIGN BEST100」では「アルケリス」など約100点、「City of GOOD DESIGN」では「WHILL Model C」など約30点、「GOOD DESIGNHYOGO」では「KOBEパークレットの取り組み」など約10点を紹介する。

 会期中、グッドデザイン賞の審査委員長をはじめ、審査委員を招いたトークイベントを行うほか、大学生・高校生を対象に「グッドデザイン・ベスト100」の模擬審査をするワークショップ、神戸芸術工科大学の学生がツアー形式で「グッドデザイン・ベスト100」を紹介するイベントなどを行う。

 開館時間は10時~18時。月曜休館(ただし12月24日は開館)。入館料は、一般=1,000円、大学生・65歳以上=500円、高校生以下無料。12月24日まで。