食べる

神戸ポートピアホテルでランチ&スイーツビュッフェ ハロウィーンメニュー提供

SOCO料理長の堀真人さん(右)とパティシエの石中久貴さん(左)

SOCO料理長の堀真人さん(右)とパティシエの石中久貴さん(左)

  •  
  •  

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区港島中町6)本館2階のダイニングカフェ「SOCO(ソーコー)」(TEL 078-302-1106)で9月7日、ランチ&スイーツビュッフェ「ハロウィンスイーツブッフェ ~ゴースト・ハント~」が始まった。

ハロウィーンをイメージしたスイーツが並ぶ

 土曜・日曜・祝日限定で「おばけのかくれんぼ」をテーマに開催。ハロウィーンをイメージした「コワカワ」なスイーツ約20種、料理約20種、ソフトドリンク約10種をビュッフェ形式で提供し、各90分間の2部制でランチやアフタヌーンティーとして利用できる。

[広告]

 食べ放題メニューの中には、お化けを探しながら秋の味覚を楽しむことができるようにお化けをモチーフにしたスイーツや料理も用意。魔女のほうきをイメージしたモンブラン、お化けが顔を出すシュークリーム、クモの巣をイメージしたチーズケーキ、チョコムースとミントゼリーでお化けのバスタイムを表現したスイーツのほか、指に見立てた「魔女の指ソーセージ」、大きく口を開けた魚が印象的な「白身魚の悪魔風」、お化けをかたどったチーズをトッピングした「ハロウィン風ゴーストピザ」、お化けの顔が隠れた「ゴーストポテトサラダ」などが並ぶ。

 店内だけでなく、店舗に向かう階段や入り口横にもSNSなどで楽しめる「写真映え」するスポットを設ける。

 SOCO料理長の堀真人さんは「あくまでもスイーツがメインになっているが、ランチ利用もしていただけるように今回は料理の種類を増やした。混雑をさけるため、スイーツだけで固めないようにビュッフェ台への並べ方も工夫した」と話す。

 パティシエの石中久貴さんは「ハロウィーン気分を味わっていただけるような色合いやいろんなところに隠れたお化けを見つけながら楽しんでほしい。スイーツのネーミングにも注目していただければ」と話す。

 提供時間は、1部=12時~13時30分、2部=14時30分~16時。料金は、大人=3,900円、学生=3,400円、小学生=2,000円、幼児(4歳以上)=1,200円、3歳以下無料(以上、消費税・サービス料含む)。11月4日まで。

  • はてなブックマークに追加