食べる 暮らす・働く

神戸で仔羊料理味わう「仔羊同好会」-日アルジェリア国交50周年で

アルジェリア料理「仔羊のクスクス」タワー

アルジェリア料理「仔羊のクスクス」タワー

  •  
  •  

 神戸を拠点に活動する「仔羊(こひつじ)同好会(Associazione di Amatori di AGNELLO)」主催の「日アルジェリア国交樹立50周年記念パーティー」が9月1日、カフェレストラン「Mme KIKI マダム・キキのお店」(神戸市中央区布引町2)で開催された。

徳本賀世子会長、現代美術作家の榎忠さん、フェンシングのクサビエ・アリ選手ら

 宗教的制約のない唯一の肉・仔羊肉をシンボルに2005年の阪神・淡路大震災発生日と同日に結成された同会。日本から世界へ視野を広げ、ボーダーレスな交流を目指し「各国の仔羊料理を味わう会」として活動する。現在、徳本賀世子会長を筆頭に世界26カ国に支部を展開し、各界著名人もプライベートで参加しているという。

[広告]

 このほど、日アルジェリア国交樹立50周年に際し、羊大国であるアラビア諸国との文化交流を目的としたパーティーを企画。パフォーマンスプロデューサーには、同会のパリ支部長でもあるモンマルトル共和国大使の竹本元一さんを迎え、在日モロッコ大使館・在日アルジェリア大使館の後援の下、フランス語圏マグレブ諸国(モロッコ・アルジェリア・チュニジア)友好イベントの一環として開催された。

 当日は、同会各支部長や一般参加者のほか、ロンドン五輪フェンシング・モロッコ代表のクサビエ・アリ選手をはじめ、タレント、現代美術家などがプライベートで参加。会場では、物産展、フラメンコアンダルシア民謡のライブ、アルジェリアの民俗舞踊家によるパフォーマンスなどが繰り広げられた。

 同会スーパーアドバイザーで「ホテルトラスティ心斎橋」料理長のニコラ・マヌーリさんによるアルジェリア料理のビュッフェやアルジェリアワイン、シーシャ(水タバコ)も提供。仔羊を使った「フェタ・チーズと仔羊の春巻き」「ガルバンゾ豆のムースと仔羊のソテー」「仔羊とひよこ豆の煮込み」「仔羊のクスクス」などが振る舞われた。

 マヌーリさんは「今回、初めてアルジェリア料理に挑戦した。家庭で普通に食べている本場の料理を選び再現した」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ