見る・遊ぶ 買う

神戸・元町「創作鞄槌井」が1周年-元総合格闘家が革職人に

店主・槌井仁基さん

店主・槌井仁基さん

  • 0

  •  

 神戸・元町の革かばん・小物を中心とした製造直販店「創作鞄槌井(つちい)」(神戸市中央区海岸通4、TEL 078-381-5545)が8月29日、1周年を迎える。

店内の様子

[広告]

 ビルの2階に位置する同店の店舗面積は8坪。内装は壁、棚、ドア、看板など全てを店主の槌井仁基さん自ら手作りし、木目調のぬくもりのある雰囲気に仕上げた。店内には、本革、ヌメ革、スエードなどを使用しデザインから完成までの全工程を店主自ら一点一点手作業で作ったオリジナル革製品が並ぶ。フルオーダーにも応じ、同デザインの完成作品は店内でも販売するという。

 革職人になる前は、総合格闘技の選手として活躍していた槌井さん。選手時代は厳しい練習を積み重ね「相手と身体を壊し合う試合」を繰り返していたという。「建設的ではない、誰かのためでもない」とある日悟り、「物を創り、何かを生み出す仕事をしたい」と心機一転。東京を出て京都のかばん職人の下に弟子入りし、かばん作りを一から学んだ。一切つての無い土地だったが神戸の魅力に引かれ、同所で「独りよがりではなく、お客さまと一緒に製品を作り上げていきたい」と「お客さまと共に創作していく工房」をコンセプトにした同店の開店にこぎ着けた。

 人気商品は、ブレスレット(1,500円~)、カード・小物入れ(2,500円)、キーケース(5,400円~)をはじめ、財布にこだわりのある人に人気の「ズボン後ろポケット用財布」「スーツ胸ポケット用財布」など用途に合わせた「薄財布」(9,800円~)やバッグ(2万6,000円~)など。店内の製品は好みの色の革を選びアレンジもでき、修理にも応じる。

 槌井さんは「この1年は店づくり、商品作りに追われたが、良い製品を作っていれば認めてもらえると分かり、食べていけるようになった。今後は金具、ファスナー、なめしの工程など全てを手掛けられるよう、手作り度を上げていきたい」と話す。「今後も物作りをしていくにあたり、多くの方の協力を得ていきたい。物作りをされている方全般、コラボなどのパートナーシップを結べる方や協力者を集えたら」とも。

 営業時間は13時~18時。水曜・木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース