3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

神戸・トアウエストの弦楽器専門店「ロッコーマン」がリニューアル

「ギター・バイオリンショップ ロッコーマン」の小島徹弥店長

「ギター・バイオリンショップ ロッコーマン」の小島徹弥店長

  • 0

  •  

 神戸・トアウエストのビル(神戸市中央区下山手通3)3階にある弦楽器専門店「ギター・バイオリンショップ ロッコーマン」(TEL 078-333-9000)が10月1日、リニューアルオープンした。

ギター職人が作ったという白い大きなギターが目印

 1971(昭和46)年に元町通1丁目にオープンし、1995年に現在の場所へ移転した同店。ギター職人が作ったという白い大きなギターとバイオリンを持った先代社長がモデルの像が目を引く。今回は移転後、初のフルリニューアルとなり、ビル1階のフローリングと門扉の塗装も行い、商品が増え展示しきれなくなった店内のレイアウトを大幅に変更。客が商品を見やすいように工夫を施した。

[広告]

 店舗面積は66平方メートル。商品のラインアップは、同店が専門的に扱っている久留米のアストリアスギターをはじめ、国内外のクラシックギター、アコースティックギター、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、マンドリン、マンドラ、マンドロンチェロ、ウクレレ、各種付属品、ケースなど。弦の張り替えや弦高などの調整、楽器の修理も行う。ショップの上の階は全体がホールになっており、空いている時には試奏も可能。また不定期で音楽イベントも開催している。

 小島徹弥店長は「専門店は、なかなか入りにくいイメージがあると思うが気軽にお越しいただきたい。楽器を始めたいと思っている人や楽器の調子で気になることがある人など、何でも相談していただければ」と話す。

 営業時間は10時30分~19時。水曜定休。リニューアルを記念したフェアの開催も予定。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加