暮らす・働く

神戸で「レスキューロボットコンテスト」-小学生30人が参加

昨年の開催の様子

昨年の開催の様子

  • 0

  •  

 神戸市立青少年科学館(神戸市中央区港島中町7、TEL 078-302-5177)新館4階の特別展示室で12月8日、「こうべロボット夢工房 第6回 レスキューロボットコンテストJr.神戸大会」が開催される。

 毎年夏に神戸サンボーホール(浜辺通5)でレスキューロボットコンテストが行われている神戸。開催のきっかけとなった阪神・淡路大震災の被害に遭った神戸で「小学生にも安全で素早い救助を行うことの大切さを感じてもらい、人を助けるロボットについて知ってもらいたい」(同館)と開催する。

[広告]

 ロボット同士を戦わせるのではなく、事前に個人で組み立てたロボット「レスキュークローラー」を使い、1.5メートル四方のフィールドに取り残された要救助者の人形を救助するというもの。イベントの最後にはベスト4同士で戦い優秀者を決定する「レスキュー優秀者 決定競技」を開催する。

 同館企画展示グループの古田さんは「小学3~6年生約30人が参加する。周りの建物を壊さないように、いかに素早く安全に救助できるかを競い合う、小学生のためのロボット競技会」と紹介する。

 開催時間は10時30分~16時。見学無料(展示室入館料は必要)。入館料は、大人=600円、小人=300円。