暮らす・働く

神戸三宮・元町で禁煙街頭キャンペーン 「ワケトン」「トコトン」登場も

たばこ対策関連のチラシやポケットティッシュを配布した

たばこ対策関連のチラシやポケットティッシュを配布した

  •  

 神戸市保健福祉局は5月31日、三宮マルイ(神戸市中央区三宮町1)前喫煙場所周辺とJR元町駅(元町高架通)周辺で「禁煙・受動喫煙防止 呼びかけ街頭キャンペーン」を行った。

キャンペーンに「ワケトン」「トコトン」登場

 受動喫煙の防止策として区庁舎の全面禁煙の実施や広告による啓発活動などに取り組む神戸市が、5月31日の世界禁煙デーと5月31日~6月6日の禁煙週間に合わせて開催。タバコ対策関連のチラシやポケットティッシュを配布した。神戸市の「ごみと資源・分別徹底キャンペーン」のキャラクター「ワケトン」「トコトン」の姿も。

[広告]

 厚生労働省の研究班は受動喫煙が原因で死亡する人は国内で年間約1万5000人に上ると発表。同局健康部健康づくり支援課の前田宗彦さんは「喫煙する人にとってはもちろん、吸わない人にも受動喫煙は危険因子。正しい情報を提供したい」と話す。

 百貨店や個人商店、オフィスビルの立ち並ぶ元町・三宮エリアでは、JR線から南側を南北約500メートル、東西約800メートルにわたって路上喫煙禁止地区に認定。違反者には1,000円の過料が科せられる。