食べる

神戸のワッフルケーキ専門店が25周年 12月1日「ワッフルの日」に

日本記念日協会「記念日登録証」を持つエール・エル広報担当の定藤悠さん(中央)と藤村聖奈さん(左)

日本記念日協会「記念日登録証」を持つエール・エル広報担当の定藤悠さん(中央)と藤村聖奈さん(左)

  •  
  •  

 ワッフルケーキ専門店「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」が12月1日、創業25周年を迎えた。経営は新保哲也アトリエ(神戸市中央区加納町4)。

「大人の贅沢ワッフルケーキセット」

 これまで、同店の人気商品「くるくるワッフル」にちなみ9月9日を「くるくるの日」にするなど、独自の記念日を制定してきた同店。25周年を迎えることを機に、創業日である12月1日を「ワッ(1)フル(2)の日(1)」の語呂合わせから「ワッフルの日」とし、初めて日本記念日協会に申請。このほど、正式に登録されたことを発表した。

[広告]

 25周年を記念して、新商品も開発。近年、ワーキングマザーが増えていることに注目し、働く女性がリフレッシュできるようなスイーツとしてハーフサイズの「アサイーミックスサンド」「濃厚ショコラサンド」2種をセットにした「大人の贅沢ワッフルケーキセット」(450円)を12月1日~3日に神戸本店(加納町4)のみ数量限定で販売する。「濃厚ショコラサンド」はオンラインショップでも販売(以上、数量限定のためなくなり次第終了)。

 全国の店舗では「R.L 25周年創業祭」を開催。第1弾として、12月1日まで看板商品「ワッフルケーキ」を全品(20種)100円で提供。創業当時から販売するプレーン・ストロベリー・抹茶の3種は80円(以上税別)で提供する。12月2日から行う第2弾は、ワッフルケーキ10個セット各種を購入した客へ北欧デザインの巨匠「スティグ・リンドベリ」が手掛けたペーパーナプキンを先着で進呈。各店なくなり次第終了する。

 広報担当の定藤悠さんは「ワッフルケーキを日常的に食べていただきたいという思いから、当社内ではこれまでも『ワッフルの日』をうたってきた。正式に記念日として登録されることで『ロールケーキの日』のように認知度が上がり、ワッフルケーキを食べていただく機会につながればうれしい」と話す。

 営業時間(本店)は11時~19時。

  • はてなブックマークに追加