天気予報

26

22

みん経トピックス

神戸マラソン応援絵手紙募集神戸で学生が地元名物を堪能

新神戸のホテル内「中国レストラン 蘇州」 料理長就任1周年で記念コース

新神戸のホテル内「中国レストラン 蘇州」 料理長就任1周年で記念コース

「中国レストラン 蘇州」料理長の袁 國星(エン コクセイ)さん

写真を拡大 地図を拡大

 ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市中央区北野町)34階の「中国レストラン 蘇州」(TEL 078-291-1122)の料理長・袁 國星(エン コクセイ)さんが5月16日、就任1周年を迎えた。

「就任1周年記念コース」ランチのうち2品

 同店では、広東料理をベースにさまざまなジャンルを取り入れた南京町のある神戸ならではの料理を提供。窓外に広がるパノラミックな神戸の眺望が楽しめる空間になっている。

 袁料理長は、香港を代表するレストラン「ジェイド・ガーデン」で料理長を務めた後、1999年に来日し「赤坂離宮」「グランド ハイアット 福岡」などのレストランの料理長を歴任し、昨年同店の料理長に着任。30年以上にもわたる豊富な経験と技で提供する神戸の山海の素材を取り入れた身体に優しいメニューが好評を博している。席数は112席(個室4室含む)。ホール全席禁煙(個室のみ喫煙可)。

 17日には、「就任1周年記念イベント」を開いた。スピーチの中で「神戸に来て1年を過ぎようとしているが、とても香港に似ており過ごしやすい街」と袁料理長。アワビや明石の天然たい、干し貝柱など、袁料理長が得意とする海鮮や乾物を使ったメニューをはじめ、旬の海の幸を漢方スープで湯引きして仕上げる逸品や、ピーナツソース餡(あん)で絡めた国産牛のしゃぶしゃぶなどが披露され、参加者らは一夜限りのスペシャルコースを楽しんだ。

 18日から、ランチとディナータイムで「就任1周年記念コース」の提供を始めた。アワビやツバメの巣といった中国料理の代表的食材に加え、トリュフやフォアグラなどの素材を盛り込んだメニューを用意する。ランチは「海老(えび)団子の燕(つばめ)の巣乗せ 冬瓜(とうがん)の蒸し物 カボチャスープと共に」「季節野菜と牛ロースのサイコロステーキ」「アヒル肉入り焼き飯 パイナップルの器入りオーブン焼き」など全6品(5,000円)。ディナーは「鮮魚と季節野菜のトリュフ炒め」「中華風鮑(あわび)と鶏肉入りグラタンオーブン焼き」「ココナッツの器入りタピオカココナッツミルク」など全8品(1万1,000円)。

 中でも「海老団子の燕の巣乗せ 冬瓜の蒸し物 カボチャスープと共に」や「鮮魚と季節野菜のトリュフ炒め」は「特に注目していただきたい」と袁料理長は話す。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時30分~21時。記念コースは6月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング