見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

兵庫県立美術館で「ジブリの大博覧会」 スタジオジブリ30年の歩み凝縮

「ジブリの大博覧会」開幕初日にオフィシャルサポーターを務める横山だいすけさんが来場 &copyStudio Ghibli

「ジブリの大博覧会」開幕初日にオフィシャルサポーターを務める横山だいすけさんが来場 ©Studio Ghibli

  •  

 兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1)ギャラリー棟で4月7日、企画展「ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」が始まった。

「となりのトトロ」のネコバスにも「会える」

 2015年の「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」(愛知)を皮切りに、新潟、東京、長崎、大分を巡回し、関西では初開催となる同展。1985(昭和60)年設立以来、「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など、数々のアニメーション作品を発表してきたスタジオジブリの30年間の歩みを紹介する。

[広告]

 同展プロデューサーの青木貴之さんは「これまでは作品に関わる絵描きメインの展覧会が多かったが、今回は特に宣伝に注目した展示となっている」と話す。

 同展では、当時を振り返るポスターやチラシなどの広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開のものを含む約3000点の資料を展示。スタジオジブリにある打ち合わせスペースを再現した「トトロ・バー」、鈴木敏夫プロデューサーの仕事部屋を再現したコーナーを設けるほか、「となりのトトロ」のネコバスにも「会える」。

 ジブリ作品に登場する空とぶ機械に着目した特別企画「空とぶ機械達展」では、解説パネルをはじめ、「天空の城ラピュタ」で主に空賊ドーラ一家の母船として使用された「タイガーモス号」やオープニングに登場する巨大飛空艇が動く模型となって展示されている。

 開幕初日には、同展のオフィシャルサポーターを務める横山だいすけさんが来場。「ジブリ30年の思いや汗と涙の詰まった展覧会となっている。入り口ではトトロが出迎えてくれ、よく見るといろんなところにジブリのキャラクターも隠れているので探してみてほしい。貴重な資料や非売品グッズなどを近くで見ることができるのが最大の魅力で、会場に来た人しか見ることができない『あるもの』もある。小さい子どもから大人まで楽しめる内容になっているので、お越しいただければ」と話す。

 開館時間は10時~18時(金曜・土曜は20時まで、ただし6月1日・2日・8日・9日は18時まで)。月曜休館(祝日の場合は翌日)。入場料は、一般=1,600円、大高生=1,200円、中小生=700円。問い合わせはローソンチケット(TEL 0570-000-341)まで。7月1日まで。