食べる 見る・遊ぶ 買う

初の「神戸応援オンライン物産展」開催へ 地元出店者が商品紹介や販売

「神戸応援オンライン物産展」実行委員長の吉岡ようかさん(サラヴォーン代表)

「神戸応援オンライン物産展」実行委員長の吉岡ようかさん(サラヴォーン代表)

  • 132

  •  

 「神戸応援オンライン物産展」が11月21日、オンライン会場「Remo(レモ)」で開催される。

オンライン会場「Remo」配信イメージ

 オンライン会議ツール「Remo」を使ってパソコンから参加する同イベントは、オンライン上で行う「万博」をイメージした物産展。画面を通してさまざまなブースを回り、出店者から店や商品の説明を直接聞くことができ、商品はオンラインショップで購入できる。

[広告]

 新型コロナウイルスの影響で神戸の飲食店も苦境が続く中、国内だけでなく海外に暮らす人たちにも店を知ってもらいたいと神戸の有志事業者らが企画した。「環境の変化を受け入れてオンラインという新しい業態に挑戦する」と同実行委員長の吉岡ようかさん(サラヴォーン代表)。

 同展広報担当の西良旺子さん(ビーラブカンパニー社長)は「出店者の思いやこだわりを聞くことができ、画面を通してFace to Faceで会話することでつながりもできる。神戸に行く前にオンラインで知りたい、神戸が好きな人と交流したい、神戸の店を応援したいという方々に来場いただけたら」と話す。

 開催時間は13時~17時。参加無料。参加方法や出店者はイベント公式ホームページで確認できる。