天気予報

28

18

みん経トピックス

伊達武将隊、神戸へ出陣神戸元町商店街に手作り屋台

神戸の子ども服メーカーが「キッズ時計」-被災地への応援メッセージも

  • 0
神戸の子ども服メーカーが「キッズ時計」-被災地への応援メッセージも

「F・O・インターナショナル×キッズ時計」サイト第2弾を公開

写真を拡大 地図を拡大

 神戸の子ども服メーカー「F・O・インターナショナル」(神戸市中央区三宮町2、TEL 078-325-5433)は7月15日、ウェブサイト「Kids-tokei(キッズ時計)」とコラボレーションした「F・O・インターナショナル×キッズ時計」サイト第2弾を公開した。

時間を表示したボードを持つ子どもの写真を1分ごとに更新し、現在の時刻を知らせるキッズ時計

 キッズ時計は、時間を表示したボードを持つ子どもの写真を1分ごとに更新し、現在の時刻を知らせるインターネットサイトで「bijin-tokei(美人時計)」のキッズバージョン。「天使たちの1分間オンステージ」をテーマに一般応募からオーディションで選ばれた子どもたちが登場する。昨年、ブランド認知と新規ウェブ会員の獲得のため、同社版「美人時計」の第1弾として企画したことで「キッズ時計」が誕生した。

 同社営業本部販売促進課の渡邊愛さんは「参加いただいた方からの喜びの声や次回募集の問い合わせなど、多くのご要望から第2回キッズ時計プロモーションの開催を決めた」と話す。出演者募集期間中、東日本大震災が発生。「阪神・淡路大震災からの復興の中で子どもの笑顔に癒やされ、元気をもらってきた経験から『子どもたちが時を刻む時計に、被災地へ向けた応援メッセージをプラスするキッズ時計』に企画を変更した」と渡邊さん。今回は被災地応援プロジェクトとして、時刻の表示だけでなくオーディション(全国からの応募総数1万318人)で選ばれた生後6カ月~11歳の子どもたちとその家族、同社社員も含めた480人の写真とメッセージが表示される仕組みにした。

 渡邊さんは「被災地で使用するパソコンで時計として役立てていただき、子どもたちの笑顔と応援メッセージから勇気と元気をもらってほしい。一日も早い復興を願っている」と話す。

 現在、第3回キッズ時計の出演者を募集している。応募者には、同社直営店・オンラインショップで使える500円クーポンのプレゼントと好きな写真を使って待ち受け用フラッシュが作れるサービスを提供する。

 応募締め切りは8月15日。応募方法などはサイトで確認できる。第2回キッズ時計の公開は8月末まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング