天気予報

29

23

みん経トピックス

神戸でバウムクーヘン博覧会神戸で減災バンダナ作品展

三宮のラーメンゾーン「麺ロード」全面改装 札幌と神戸の4店が対決

三宮のラーメンゾーン「麺ロード」全面改装 札幌と神戸の4店が対決

全面リニューアルオープンした「santica(さんちか)8番街」のラーメンゾーン「麺ロード」

写真を拡大 地図を拡大

 神戸・三宮「santica(さんちか)8番街」(神戸市中央区三宮町1)のラーメンゾーン「麺ロード」が3月3日、全面リニューアルオープンした。運営はラーメン店「皇蘭」「北海ラーメン」などを展開する北海(神戸市灘区)。

ナビゲーション・アニメキャラクター

 「半年間で売り上げが最下位の店は退店し、新たな店を加えてさらに6カ月間運営する」というルールを掲げ、2011年11月にオープンした同エリア。「SEASON7」となる今回は「さんちか」50周年の全面リニューアルに併せて、新コンセプト「有名ご当地 VS 地元神戸」と改め、今後は1年交代で全国から有名なご当地店舗が出店する。

 同エリアをさらに盛り上げていくナビゲーション・アニメキャラクターも新しく登場。高校生ながら天才的なラーメンセンスを持つ「神戸アツミチ」と彼を慕う女子高生「三宮メグミ」がPRを行う。

 有名ご当地第1弾は全国有数の激戦区北海道札幌。「みそラーメン」の本場、「北のラーメン処(どころ)」として知られる札幌から、「らあめん がんてつ」「らぁめん in EZO(イン・エゾ)」が出店する。対して地元神戸からは、前回出店して好評だった「麺道 しゅはり」がプロデュースする新店「麺ノ神 八咫烏(やたがらす)」のほか、同エリア開業時にオリジナルの「ぼっかけラーメン」で人気となった「さんげん 縁(えにし)」が再出店する。

 主なメニューは、らあめん がんてつ=「焼きとうもろこしバター味噌(みそ)らあめん」(900円)、らぁめん in EZO=「EZO味噌(みそらぁめん)」(800円)、麺ノ神 八咫烏=「鶏 soba(とりそば)鶏節塩」(750円)、さんげん 縁=「ぼっかけらーめん」(700円)など。

 北海の田鍋仁章社長は「これまで4年有余、神戸のラーメン文化の創造と発展を目指して、神戸ゆかりの店同士が刺激し合いながらやってきたが、今回からは他府県の有名店が加わることになった。麺ロードはラーメンテーマパークとは違いお互いが競い合う横丁形式になっているので、神戸のさらなるレベルアップにもつながるのでは」と話す。

 営業時間は10時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング