天気予報

15

7

みん経トピックス

神戸で紅はるかのパン販売三宮インドカレー店10周年

神戸旧居留地にフォトスタジオ NYの街を模した空間演出

神戸旧居留地にフォトスタジオ NYの街を模した空間演出

「スタジオエミュ」メーンフォトグラファーの河田年弘さん

写真を拡大 地図を拡大

 神戸・三宮の都市公園「東遊園地」南側にあるアーバンライフ神戸三宮ザ・タワー(神戸市中央区加納町6)2階に3月5日、フォトスタジオ「スタジオエミュ 神戸旧居留地店」(TEL 078-331-5707)がオープンした。

NYの街を模した空間

 明石市に本社を構え、芦屋・加古川・神戸で7店舗展開する同スタジオは、メーンフォトグラファーでもある河田年弘さんが経営する。各店が異なるテーマの中、独自の空間プロデュースと個性的なデザイン・スタイリングを展開。海外インポートの小物やアクセサリーなどを取りそろえ、クラシックなカフェやブティックのような演出にもこだわる。「emu」とはフランス語で「感動」という意味。

 神戸旧居留地店のテーマは「1960年代のニューヨークを思わせるレトロ×ハイセンスな空間」。75坪のスタジオ内は、ニューヨークの街を模した数々のフロアを用意。映画に登場するSOHO街の倉庫にあるようなビッグウインドーの前にはライトアップされた大きなシャンデリア、バーカウンター、女優たちの楽屋を思わせるメーキャップルームなど、「日常から一気に異世界へと引き込まれて行くような」さまざまな空間を演出する。

 主な撮影メニューは、お宮参り、ハーフバースデー、誕生日、七五三、卒入園、入学、十歳・十三参り、卒業、成人式振り袖、ブライダル、マタニティ、証明写真、プロフィル写真など。JPEG形式で1カット5MB程度のデータ販売は1カット3,000円~、「デジタルブックアルバムA4」は単品5万5,000円。基本料金は撮影プランによって異なる。

 河田さんは「神戸の街が震災以降移り変わっていく中で、青春時代を過ごした『旧き良き神戸』が残っている旧居留地という場所で写真という文化を根付かせ発信していきたいと思った。これまでのスタジオにはなかったバーカウンターなども設け、最も表現したい世界観に一歩近づけたと思う」と話す。

 営業時間は10時~18時(土曜・日曜・祝日は9時~)。予約制。火曜定休(2月~7月は第1・2水曜も定休)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング