ワールド本社のベーカリーカフェが開店半年-カレーパン、今も人気商品に

11月の新作「モンブラン」など季節限定の商品も多く取り扱う

11月の新作「モンブラン」など季節限定の商品も多く取り扱う

  • 0

  •  

 アパレルメーカー「ワールド」本社(神戸市中央区港島中町6)1階のベーカリーカフェ「andare a piedi(アンダーレ ア ピエディ)」(同、TEL 078-302-2810)が4月にオープンして半年が過ぎた。経営は子会社ワールドビジネスサポート(同)。

 店内ではイートイン、テークアウトの両方に対応する。提供するパンは約60種類で、発売当時は人気がありすぎて「いつ行っても買えない」と言われたカレーパン(168円)が今でも「一番人気」(同店)という。そのほか、季節限定商品の「モンブラン」(260円)や「金時デニッシュ」(190円)なども販売。

[広告]

 ランチは週替わりで、パスタ、グラタン、グリルのセット(各1,000円)にはミニスープとサラダ、ドリンクが付き、更にパンバイキングでパンが食べ放題になる。ミニスープとドリングが付いたトルティーヤのセット(800円)も。「パンバイキングで味を気に入り、パンをテークアウトする利用客も多い」(同店)とも。

 カフェメニューにもこだわりを見せ、コーヒー豆は「萩原珈琲」(灘区)から仕入れている。同店ホールマネジャーの的崎睦子さんは「私自身がコーヒー好き。以前行った店でとてもおいしいコーヒーが出たので、ここしかないと思った。職人さんが丁寧に焙煎(ばいせん)した豆の味を落とさないようにコーヒーをいれる努力は惜しまない」と話す。

 また、「障がい者雇用を推進したい」という同社の思いから、パンを作るチームには知的障がいのある従業員6人が就業している。的崎さんは「自分の仕事を正確に、忠実にやっていく能力がすごい。それぞれの大きな役割として担当を作ることで責任を持って業務に取り組んでいる。パンの形や焼き上がりにもとことんこだわる」と話す。「彼らに対して『ここまでしかできない』という諦めは一切ない。いろいろな可能性を見つけていきたい。私たちのカフェにとってはかけがえのないメンバーばかり」とも。

 営業時間は8時~19時。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加