三宮にレストラン&マジックバー-若手マジシャン育成も目指す

店内のバーカウンターでもマジックを披露する

店内のバーカウンターでもマジックを披露する

  •  
  •  

 店内でマジックが楽しめるレストラン&マジックバー「The STING」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-391-0850)が11月19日、オープンした。

 店舗面積約25坪の店内にはカウンター、テーブル合わせて50席を設ける。店内は30~40人で貸し切り可能なレストランスペースとバースペースに分かれており、レストランスペースは映画「ティファニーで朝食を」を、バースペースは映画「スティング」をイメージした空間作りをしたという。間接照明の落ち着いた雰囲気が特徴のレストランスペースにはステージを設置し、ステージマジックも披露する。

[広告]

 「これからどんどん増やしていきたい」(同店)という料理のメニューは現在コース2種類を用意。魚料理のコース「ボニー」(3,800円)と肉料理のコース「クライド」(4,200円)のネーミングも、映画「俺たちに明日はない」に由来している。カクテルも各種とりそろえ、ソフトドリンクは600円~。

 若手マジシャンの育成も目指しているという同店では、ゲストとして多くのマジシャンがマジックを披露。中には小学生のマジシャンもいる。子ども用のマジックも用意しているという同店のターゲットはファミリー。同店マジシャンのボンバーハタさんは「ここに来れば誰でもマジックが見られる。アミューズメントパークのようにとにかく楽しい店にしたい」と話す。

 同店オーナーでマジシャンのスティングさんは「マジックをテレビでしか見たことのない方、初めてマジックを見る方にぜひ体感してほしい。目の前で見るマジックは自分の目を疑うほど楽しいもの」と話す。「お客様の目の前で、真横で、周りを囲まれてもマジックはできる。マジックを見せるバーとしては料金も安いので気軽に足を運んでいただければ」とも。

 客単価は、レストラン=5,000円、バー=3,000円程度を見込む。営業時間は19時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加