食べる 暮らす・働く

神戸に歌手チャーリー・コーセイさんの店-休養期間経て再始動

チャーリー・コーセイさん

チャーリー・コーセイさん

  •  
  •  

 テレビアニメ「ルパン三世」のエンディング曲を歌ったことで知られるチャーリー・コーセイさんのライブミュージックスポット「Uncle Charlie(アンクルチャーリー)」(神戸市中央区中山手通2、TEL 078-272-1720)が4月19日、神戸にオープンした。

店内に飾られたチャーリー・コーセイさんとルパンのイラスト

 2011年12月31日にライブバー「Charlie’s(チャーリーズ)」を閉店し、休養期間を経て同店をオープンしたチャーリーさん。「歳がいったので店名を『チャーリーおじさん』にした」と笑顔で語る。店舗面積は12坪、テーブル23席、カウンター8席を用意。木目とベージュを基調とし、音楽をゆっくりと楽しめるようソファを配置する。入り口そばにはライブスペースを設け、大人の雰囲気で落ち着いた空間を演出。

[広告]

 ライブステージの回数と時間帯はその日のチャーリーさんの気分次第。来店客からのリスエストにも応じる。チャージは1,000円、ホットサンド、サラミ、チーズなどのフード、ドリンク(800円~)を用意。最大20人の貸し切りパーティーにも対応する。店内では、自らのレーベル「Walk Away」のCD販売も行う。

 チャーリーさんは「歌のレパートリーはイーグルスやエリック・クラプトンなどの洋楽が9割を占め、50年ほど前の懐かしい曲も歌う。営業が落ち着いてきたら、ミュージシャンの友人を呼んでスペシャルライブも行いたい」と話す。「のんびり、ゆったりとやっていくので、大人の遊び方と音楽の楽しみ方を知っている方にお越しいただければ」とも。

 営業時間は19時~24時(金曜・土曜は翌2時まで)。月曜・第3日曜定休。

  • はてなブックマークに追加