見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

神戸で20年ぶりに「フラワーテント」-「被災者による被災者のためのステージ」再び

1995年2月に開催された「フラワーテント」の様子

1995年2月に開催された「フラワーテント」の様子

  •  
  •  

 神戸の東遊園地公園(神戸市中央区加納町6)で2月11日~15日の5日間、被災者による被災者のためのステージ「KOBEフラワーテント2015」が20年ぶりに開催されている。

 20年前の1995年2月17日から1カ月間、同園内にテントを張り、震災にも負けない思いで被災者が被災者のために元気や勇気を届けたステージイベントにルーツを持つ同イベント。阪神・淡路大震災から20年という節目に、当時のメンバーが中心となり再び開催することになった。

[広告]

 期間中、20年前にも駆け付けたミュージシャンを中心に毎日ライブを繰り広げる。初日の11日は、フラワーテント立ち上げメンバーの鷲崎健さん、ギタリストの石田長生(おさむ)さん、故・桑名正博さんの長男・美勇士(みゅうじ)さん、東北でも支援活動を続けるサンプラザ中野さんなどが登場。最終日の15日は、「ヨーデル食べ放題」の作詞作曲を手掛けたリピート山中さん、「サザエさん」のオープニングテーマ曲を歌う宇野ゆう子さんなどが登場する。

 阪神淡路大震災後の神戸で生まれ今も各地で歌い継がれている曲「しあわせ運べるように」の紹介ステージも毎日予定し、最終日の15日には作詞・作曲を手掛けた臼井真さんもゲストとして参加する。

 14日には、「アニソンで神戸を元気にする会」主催の「アニソンフェスタ2015パワフルステージ」が開催され、東映のスーパー戦隊シリーズ・仮面ライダーシリーズ・メタルヒーローシリーズの全てで主題歌を歌った「アニソン界の大魔神」こと宮内タカユキさんが登場。実在しないアニメの設定から主題歌などを歌う「架空のアニソンシンガー」Magumaさん、兵庫県出身の声優・井上ひかりさんなども登場する。

 最終日の15日は「わるタンと仲間たち」と題し、地元神戸の「キャプテンタワーくん」や新長田の「コテリン」から、西宮市の「みやたん」、尼崎商店街の「めでタイガー」、遠くは岩手県の「そばっち」や熊本県のくまモンまで13種類のゆるキャラが交代で出演する。

 20年前の主催者の一人で、同イベント実行委員長の伊藤竹彦さんは「20年前、『被災者だからこそできることを創ろう』という思いで開いた『フラワーテント』には本当に多くの方が集ってくださり、互いに励まし合うことができた」と振り返る。「20年生きている事ができた被災者だから発信できる被災地のリアルな今、20年踏ん張り続ける事ができたからこそ生まれたポジティブな力を、今回多くの皆さんに届けたい」とも。

 開催時間は、11日・14日・15日=10時~18時、12日・13日=18時~21時。参加無料。

  • はてなブックマークに追加