暮らす・働く

神戸の高齢者施設紹介会社が「老人ホームあんしんガイドブック」創刊

「神戸の高齢者施設の紹介」に特化した「神戸老人ホーム紹介センター」が「老人ホームあんしんガイドブック ~これ1冊で老人ホーム選びはバッチリ!~」を創刊

「神戸の高齢者施設の紹介」に特化した「神戸老人ホーム紹介センター」が「老人ホームあんしんガイドブック ~これ1冊で老人ホーム選びはバッチリ!~」を創刊

  • 19

  •  

 神戸老人ホーム紹介センター(神戸市中央区東川崎町1、TEL 0120-105-515)が1月5日、「老人ホームあんしんガイドブック ~これ1冊で老人ホーム選びはバッチリ!~」を創刊した。

「ネオスタイル」の藤本将誉社長

 「神戸の高齢者施設の紹介」に特化した同センター。運営は、人材サービス業を手掛ける「ネオスタイル」が行っている。地域密着の発想が身近にある信用金庫で働いていた藤本将誉社長が「地域社会に価値ある存在になりたい」との思いから同センターを立ち上げた。

[広告]

 同センターでは、「誰に相談したらいいのか分からない」「何を基準に決めればいいのか分からない」などの悩みを持つ高齢者や家族が多い中、専門相談員が神戸市内に特化した高齢者施設選びを無料でサポートする。「介護や独居生活に不安を抱える高齢者・家族のお役に立てるよう全力を尽くしたい」と施設に直接足を運び、詳しい情報を把握し、施設スタッフや周辺環境などを熟知することを常に心掛けているという。

 藤本社長はガイドブック創刊について、「新型コロナウイルス感染拡大に伴い施設見学が減少する中、安心して老人ホーム選びをしていただきたいと考えた。最近はインターネットを使って施設を探す方もおられるが、やはり高齢者の方からは冊子など紙媒体のニーズが高い。時代とは逆行するかもしれないが、求める人の声に応えるため創刊を決めた」と話す。

 A4サイズ、オールカラー、60ページ。初回発行は2300部。無料。年2回発行を予定する。創刊号には「入居までの流れ」「種類と特徴」「選び方のポイント」「施設の種類と比較」など老人ホームを選ぶ際に必要な情報、施設スタッフへのインタビュー記事なども掲載する。

 冊子は市内の病院に勤務するソーシャルワーカーや市内のケアマネジャーに配布するほか、同社ホームページからの取り寄せ申し込みにも対応する。

 藤本社長は「高齢者の相談を受ける日々の中で、老人ホーム選びに悩まれる方が多いことを痛感した。高齢者と家族の方々の負担を少しでも軽減できるようサポート体制を整えている。気軽にご相談いただければ」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース