食べる 暮らす・働く

神戸のアート・娯楽パブが2周年 「地下に広がる別世界」を演出

左から、mikiさん、サンペイさん、レイ・アユミンさん

左から、mikiさん、サンペイさん、レイ・アユミンさん

  •  
  •  

 神戸・元町駅近くのニューグランドビル地下1階にあるアート・娯楽パブ「Sunflower(サンフラワー)」(神戸市中央区北長狭通3、TEL 078-955-4981)が4月27日、2周年を迎える。

サンペイさんが作る「チキンステーキ」

 店舗面積は96平方メートル。カウンター15席、テーブル50席を用意し、スタンディングで150人収容する。30平方メートルのイベントスペースも2室併設。大型スピーカー、パイオニアのコンパクトディスクプレーヤー「CDJ100」4台、大型スピーカー、マイク3本を用意する。店内には、ダーツのほか、映画のワンシーンを思わせる朱色のビリヤード台、中国の戦国時代に使われていた「心を読み取る椅子」などを配置。ウッドとレンガにこだわった内装はオーナーのサンペイさん自ら手掛け、「地下に広がる別世界」を演出した。

[広告]

 店内では、ライブ、DJイベント、ベリーダンスなどが行われ、今後は寄席、ミーティング、ダンス教室、映画祭、スポーツ観戦など、さまざまなイベントを仕掛けていくという。「ロミロミハンドマッサージブース」では、ロミロミセラピストのレイ・アユミンさんが施術サービスを提供。「ハワイスピリチュアルタロットカード」での占いも行う。

 フードメニューは、サンペイさんが作る「ポークチャップ」(1,000円)、「チキンステーキ」(900円)、「チリコンカン チップ付き」(500円)、「ワカモレ トルティーヤチップ付き」(500円)などを用意。ドリンクは、生ビール、ハイボール、ジントニック(以上700円)、専用グラスで提供する「マーフィーズ アイリッシュ スタウトビアー」(950円)などを取りそろえる。

 サンペイさんは「内装はオープンまでの3カ月半で作り上げ、4日間寝ない日もあった。これまでの人生で一番死に物狂いに働き、オープンにこぎ着けることができた」と振り返り、「ちょっと酒を飲みながら、食べて、騒いでもらって、いろんな世代が融合してほしい。社長が来てもここは皆が平等に遊べる場。年寄りが楽しめ、若い子は背伸びをして大人の交流と遊び方をここで学んでもらえれば」と話す。「『神戸らしい良い店は』と聞かれたら『Sunflower』と言ってもらえるよう、地元から愛される店になりたい」とも。

 4月25日は2周年を記念して「サンフラワー2周年パーティー」(20時~)を開催。入場料は2,000円(2ドリンク付き)。ゲストは、DJピンタさん、ライブユニット「CAMDEN-YM」、「神戸ナカタサンバチーム」など。

 営業時間は17時~翌3時(金曜・土曜・イベント時は翌5時まで)。

  • はてなブックマークに追加