食べる

神戸にハワイの揚げパン「マラサダ」専門店 伝統的製法で揚げたて提供

マラサダとコーヒーの専門店「RAVO BAKE COFFEE(ラボ ベイク コーヒー)」店主の神原裕さん

マラサダとコーヒーの専門店「RAVO BAKE COFFEE(ラボ ベイク コーヒー)」店主の神原裕さん

  •  
  •  

 神戸・トアウエストに10月1日、マラサダとコーヒーの専門店「RAVO BAKE COFFEE(ラボ ベイク コーヒー)」(神戸市中央区北長狭通3、TEL 078-321-3622)がオープンした。

店舗外観

 ポルトガルの菓子として誕生したマラサダ。パン生地を油で揚げ、グラニュー糖などをまぶして作る。移民らが伝統的な食事としてマラサダをハワイに持ち込んだことがきっかけで、ハワイ島にはマラサダ専門のパン店が数多く存在するという。同店では、ハワイの伝統的な製法で作った揚げたてのマラサダを提供している。

[広告]

 店舗面積は4坪。白と木目を基調とし、ハワイから連想する海と風を意識した内装に仕上げた。商品はテークアウトのほか、店内外にあるベンチや向かいの三四公園で食べることもできる。

 神戸でマラサダを提供する店は少なく、オープンして間もないがSNSなどで検索して訪れる人が多いという。店主の神原裕さんは「おしゃれな人が集うといわれているこのエリアは発信力のある人も多く、口コミ効果もある」と話す。

 マラサダは、「シュガー」(130円)、「シナモン シュガー」「ココナッツ」(以上140円)を用意。ドリンクは、「エスプレッソ」(300円)、「エスプレッソ マキアート」「アメリカーノ」(以上350円)、「カプチーノ」「ラテ(アイス・ホット)」(以上400円)、「モカ」(450円)、「フレッシュジュース(オレンジ・アサイー・マンゴー)」(各350円)をそろえる。

 神原さんは「神戸は海も山もあり、季節を感じやすい場所。一日の中で一瞬でもゆっくりとした時間を取ってもらって、ここで爽やかな風を感じていただきたい。それがデーリーな形になっていけばライフスタイル的にも充実すると思う」と話す。「冷めてもおいしいので、今後はお土産にできるような包装も検討している」とも。

 営業時間は10時~19時。

  • はてなブックマークに追加