見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸ハーバーランド煉瓦倉庫内にイベントスペース 「音の発信基地」に

12月5日お披露目会でのアカペラ・ボーカルグループ「Permanent Fish(パーマネントフィッシュ)」によるライブの様子

12月5日お披露目会でのアカペラ・ボーカルグループ「Permanent Fish(パーマネントフィッシュ)」によるライブの様子

  •  
  •  

 神戸ハーバーランド煉瓦倉庫・南棟に12月5日、エンターテインメントスペース「K-wave(ケイウェイヴ)」(神戸市中央区東川崎町1、TEL 078-361-7717)がオープンした。運営は神戸のプロダクション「ファンタジア」(加納町2)。

客席パーティー形式

 面積は55坪。最大収容人数は、パーティー形式=70人、シアター形式=130人、スタンディング=150人。プロ仕様の音響・照明、プロジェクターなどを完備する。今後、ライブコンサート、ダンスイベント、誕生日会、女子会、結婚式二次会、貸し切りパーティー、ミュージカル、演劇、展示会など、さまざまな用途のホールレンタルを受け付けるという。

[広告]

 同社は、「神戸から世界へ」を合言葉に「音楽の街・神戸」を拠点とし、主にアカペラ・ボーカルグループをプロダクション。「ファンと一緒にアジアを目指す会社」として、2010年には韓国・ソウル市内にも現地法人を設立している。

 今回、「音の発信基地」として、約2年半の構想を経て初めて多目的ライブスペースをオープン。名称「K-wave」は「神戸から波を起こす」という目的と「Korea(韓国)との波」という隠れメッセージも込めたという。

 同所は神戸港にある明治時代の赤レンガ倉庫2棟を再利用し1992年にオープンした施設。1890年代後半に建造され、同港に到着した貨物の倉庫として利用されていた。同社の本林宏文社長は「この歴史ある場所が神戸港開港150年に向けての新しいエンターテインメント発信空間になれば」と話す。

 今後、22日=「LIDO」他、23日=「神戸・清盛隊」、24日=「Permanent Fish」、25日=「NST48」などのクリスマスライブが決まっており、31日には「the XAVYELLS」によるカウントダウンライブを開催。来年2月から、同社所属アーティスト「Permanent Fish」によるレギュラーライブも毎月行う。

 利用可能時間は10時~24時(イベントなどにより変更あり)。

  • はてなブックマークに追加