食べる

神戸に「トゥーストゥース」新店 「植物園のようなレストラン」に

メリケンパークにオープンしたカフェレストラン「FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園~」

メリケンパークにオープンしたカフェレストラン「FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園~」

  •  

 神戸開港150年で再整備されるメリケンパークに2月17日、カフェレストラン「FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園~」(神戸市中央区波止場町、TEL 078-334-1820)がオープンした。運営はポトマック(同)。

「神戸キュイジーヌ」を提案

 神戸の代表的景観になっている米建築家のフランク・O・ゲーリーさんデザイン、安藤忠雄さん監修により製作された大きな魚のオブジェ「フィッシュダンス」に隣接する同店。神戸に根付く人気ブランド「TOOTH TOOTH」の30周年プロジェクトの一環として、同ブランドの新店舗をオープンした。

[広告]

 店舗面積は1・2階合わせて約460平方メートルで、テーブル席120席を配置。食と自然とカルチャーの発信をコンセプトに、店内は世界を旅するプラントハンター「そら植物園」代表の西畠清順さんがボタニカルガーデン空間に仕上げ、店舗イメージイラストやロゴは神戸を代表する画家・寺門孝之さんが手掛けることで幻想的な世界観を表現している。

 同ブランドが提案する「食」は「神戸キュイジーヌ」。神戸で育った地元野菜のサラダやピザ、四季折々の食材・こだわりを詰め込んだメイン料理など、「食と自然」をテーマにしたフードとドリンクを提供する。

 今後は、ウエディングパーティーやイベント、ローカルマーケットなど、「神戸から生まれる新しいコミュニティー」も発信していくという。

 ポトマックの金指光司社長は「植物園のようなレストランにしたかった。ブライダルシーンやパーティーなども新しいスタイルで提供していきたい」と話す。「神戸開港150年、『TOOTH TOOTH』30周年ということで『素晴らしい両巨匠との出会い』と『海と森の出合い』で、至福のひとときを過ごしていただければ」とも。

 営業時間は11時~23時(季節により変動)。