大丸神戸店で中元商戦スタート-商品平均単価3,600円見込む

食品はビール、ハム、菓子など600点を用意する

食品はビール、ハム、菓子など600点を用意する

  • 0

  •  

 大丸神戸店(神戸市中央区明石町、TEL 078-331-8121)9階に6月1日、「お中元ギフトセンター」が開設され、中元商戦が始まった。

[広告]

 今月30日まではビール、ハム、菓子などの食品600点と、せっけん、タオルなどの非食品147点を対象に早期優待価格で購入できる「夏の特選ギフト早期割引」を実施。大丸神戸店広報担当の石川景子さんは「今中元期は、多様化するお客さまのご要望におこたえできる幅広い品ぞろえで展開する」と話す。

 「今年の注目商品」(同)は京都「湯葉弥」の「生ゆば詰合せ」(5,250円)や札幌「十勝しんむら牧場」の「アフタヌーンティーセット」(5,250円)。「国内産の良質な大豆と京の水を使い伝統の製法で作られたゆばや、『アフタヌーンティーセット』で提供する安全で質の高い牛乳から作られた『ミルクジャム』と『クローテッドクリーム』が注目を集めている」(同)という。

 石川さんは「大丸と松坂屋のある12都市から選りすぐりの美味をお届けする。受け継がれる老舗の味から、地元で評判の店の味、人気ブランドのとっておきの味など、全国各店のバイヤーが選んだ品々を用意する」と話す。

 同店の売れ筋予想は、1位=ビール、2位=「美味リクエスト便」、3位=洋菓子。期間中の商品平均単価は3,600円、客単価は18,000円を見込んでいる。

 営業時間は10時~20時。8月6日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース