見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸市が「市政5大ニュース」投票結果発表 1位は「神戸開港150年を迎えて」

メリケンパークのリニューアルで設けられた「BE KOBE」のモニュメント

メリケンパークのリニューアルで設けられた「BE KOBE」のモニュメント

  •  
  •  

 神戸市が12月18日、「2017年の神戸市政5大ニュース」の投票結果を発表した。

 11月29日~12月8日の10日間、ホームページで今年の神戸市政5大ニュース候補33項目から5つまでを選ぶ投票アンケートを実施。昨年を577人上回る市内外の老若男女2448人が投票した。投票数は過去最高。

[広告]

 上位5位のランキングは以下の通り(カッコ内は実施月)。

1. 神戸開港150年を迎えて(1月)

2. 国内初、特定外来生物「ヒアリ」等への対応(6月)

3. 須磨海浜水族園 開業60周年(5月)

4. 迷ったらお電話ください!救急相談ダイヤル「#7119」を開設(10月)

5. 久元市政2期目スタート(11月)

 1月1日に神戸開港150年を迎えてから1年間に数多くのイベントや国際会議などを開催。メリケンパークのリニューアルやポートオアシスの整備などのウオーターフロントエリアでの取り組みが市民にも広く認知され、2位以下に大差をつけて1位に輝いた。

 6月13日に国内で初めて発見された特定外来生物「ヒアリ」についての神戸市の対応が2位。子どもが公園で遊ぶことや神戸への旅行に不安があったという意見があったが、現在は新たなヒアリも発見されていない。神戸市は引き続き被害防止に全力を挙げるという。

 3位は5月10日に60周年を迎えた須磨海浜水族園(スマスイ)、4位はフジテレビKIDSの人気キャラクター「ガチャピン」「ムック」がPR動画にも登場した救急相談ダイヤル「#7119」。「市長の2期目に入り、神戸市の発展を加速させてほしい」という意見もあった久元市長2期目のスタートが5位にランクインしている。

  • はてなブックマークに追加