3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸で「バウムクーヘン博覧会」 全都道府県100種類超のバウム集結

47都道府県のご当地バウムクーヘンが集まる「バウムクーヘン博覧会」

47都道府県のご当地バウムクーヘンが集まる「バウムクーヘン博覧会」

  • 17

  •  

 そごう神戸店(神戸市中央区小野柄通8、TEL 078-221-4181)本館9階催会場で3月2日~8日、47都道府県のご当地バウムクーヘンが集まる「第3回バウムクーヘン博覧会」が開催される。

「Mr.Bのコットンキャンディーバウム」

 2016年3月、「ユーハイム」と「そごう神戸店」の食品担当者が「バウムクーヘンを集めたい」「食べるだけでなく、遊んで学んで体験できる世界をつくりたい」と発案した国内初の同博覧会。初開催では、36ブランドが出店し「ご当地バウム」「利きバウムカフェ」「焼きたてバウムクーヘン」「バウムクーヘン ベイク体験」を設け、好評を得た。

[広告]

 昨年からはご当地バウムのエリアが47都道府県に拡大。今年のラインアップは、柳月「三方六」(北海道)、プリュージュプリュス「平泉黄金バーム」(岩手)、ヴィヨン「ヴィヨネット・フランボワーズ」(東京)、メルヘン日進堂「乾杯!ビアクーヘン」(石川)、匠工房ホープ「プリティメロン」(愛知)、パティスリーミノウラ「倉吉ロマンクーヘン抹茶利休」(鳥取)、トロアメゾン「栗くりバウム」(山口)、たまごファミリー「四万十米粉」バウム(高知)、ボンサンク「スイーツリアン」(福岡)、大家スイーツ工房「福ホワイト」(沖縄)など。国内だけでなく本場ドイツの「ホレンディッシュ・カカオシュトューベ」「グマイナー」の2ブランドも参加し、100種類以上のバウムクーヘンをそろえる。

 全国のご当地バウムを制覇したいという声に応えて、有料テイスティングできる「バウムクーヘンBAR47」を新設。新たに作られたキャラクター「Mr.B(ミスタービー)」が会場に登場するなど、会場を盛り上げる。

 カフェスペース「パーティーバウムカフェ」では、インスタジェニックなミニパフェ「ベリーベリーバウムパフェ(ドリンク付き)」(972円)や「Mr.B」を綿菓子でかたどった新感覚スイーツ「Mr.Bのコットンキャンディーバウム」(1,080円)を提供する。各日50食限定。

 会期中は、事前予約で参加できるイベントも開催。バウムクーヘン職人からレクチャーを受け、6人で力を合わせてバウムクーヘンを焼き上げる「バウムクーヘンベイク体験」(お土産付き、所要時間=30分、各日10回)、3日(14時30分~、約30分)=「グマイナー」の4代目主人であるフォルカー・グマイナーさんのトークショー(試食・お土産付き、定員=20人)、4日(14時30分~、約60分)=エスコヤマ・小山進さん、クラブハリエ・山本隆さん、ユーハイム・岩附功さん、フードコラムニスト・門上武司さんによるトークショー(試食付き、定員=同)を行う。参加費は各1,080円。予約受付は2月19日10時~25日23時59分。申し込みはユーハイム公式サイトから。応募多数の場合は抽選。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場)。

  • はてなブックマークに追加