買う 暮らす・働く

「神戸コレクション」盛況 女の子主役の「ひな祭り」開催

「神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER」グランドフィナーレの様子 ©神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER

「神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER」グランドフィナーレの様子 ©神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER

  •  

 ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール、神戸市中央区港島中町6)で3月3日、ファッションショー「神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER」が開催された。

お笑いコンビ「尼神インター」

 女の子が主役の「ひな祭り」開催となった今回は1万2514人が来場。敦士さん、豊崎由里絵アナウンサー司会の下、総勢118人がランウエーに集結した。

[広告]

 ファーストステージは、アリアナ・グランデさんが認めた歌姫・Beverlyさんの歌声とともにトップバッターの石田ニコルさんが登場。地元兵庫県出身のお笑いコンビ「尼神インター」はステージ上でコントを披露した。

 セカンドステージは、同イベント初出演のダレノガレ明美さんがウオーキングを披露。「DOBERMAN INIFINITY」のMCで「劇団EXILE」にも所属するSWAYさんがパフォーマンスを披露した。

 サードステージのスペシャルステージには、俳優の城田優さんが出演。来年デビュー20周年のCrystal Kayさんはヒット曲「恋に落ちて」を含む3曲を熱唱し、漫才コンビ「和牛」が「肉のダイエー」をテーマに漫才を披露した。

 ラストステージには、映画「わたしに××しなさい!」でダブル主演を務める玉城ティナさんと小関裕太さんが登場。オリジナルメンバーのLISAさんを迎え、15年ぶりの活動再開となる「m-flo(エム-フロウ)」がラストを飾った。

 勝負メークで人生初のランウエーに挑んだ「尼神インター」の誠子さんは「ランウエーから見る景色はすごくきれいでテンションが上がった。私の居場所はお笑いの劇場じゃなくランウエーだったみたい」と笑いを誘った。

 同イベントは、阪神・淡路大震災後の神戸の街を元気にしたいという思いの下、2002年にスタート。国内で数多く開催されている「ガールズファッションショー」の先駆けとなり、リアルクローズファッションショーとして行われている。