見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

神戸ハーバーランドで初の野外サブカルイベント「かみこす!」 出張メイド喫茶も

野外サブカルイベント「かみこす!(神戸コスプレサブカルチャーイベント)」のコスプレイヤーモデル「てろにゃんa.k.a松林てろる」さん

野外サブカルイベント「かみこす!(神戸コスプレサブカルチャーイベント)」のコスプレイヤーモデル「てろにゃんa.k.a松林てろる」さん

  •  

 神戸ハーバーランドの商業施設「umieモザイク」に隣接する高浜岸壁(神戸市中央区東川崎町1)周辺で7月1日、野外サブカルイベント「かみこす!(神戸コスプレサブカルチャーイベント)」が初開催される。

痛車と出展関係者ら

 コスプレを通じて、地元市民をはじめ、県外や海外からの観光客などに神戸の景色や観光船などを楽しんでほしいと昨年開港150年を迎えた神戸港で初めて企画。コスプレ撮影、出張メイド喫茶、アニソンステージ、痛車展示などのサブカルチャー要素のあるブースを集め、普段なじみのない人たちでも気軽に体験し楽しめるように観光地でもある同所で行う。

[広告]

 目玉として、神戸唯一のメイド喫茶「カフェ&バー Cheri Le Port(シェリルポート)」(中山手通1)が出張出店。「ご主人さま」「お嬢さま」の帰りを待ち、メイドが給仕する。

 痛車ブースでは、クラウドファンディングを達成した「大森杏子の痛車化プロジェクト」の痛車を展示。痛車専門店「bonds」による企画「かみこす! 痛車って知っとう?」も行う。

 展示ブースは、バンダイナムコエンターテイメントの人気ゲーム「ゴッドイーターレゾナントオプス」、オリジナル水着やコスプレのブランド「PIXI PARTY(ピクシーパーティー)」、兵庫県のサバイバルゲームフィールド「C.Q.B GHOST」などのほか、プラスチック加工所「匠工芸」(高砂市)が作るファンタジー武器造形「TAKUMI ARMORY(タクミアーマリー)」の作品展示も行う。

 ラジオ関西の番組「ワタナベフラワームサのアニソン部屋」でパーソナリティーを務めているムサさんが総合MCを務めるステージでは、ムサさん率いるアニソンカバーバンド「あー言えばオーイェー!!」をはじめ、「TOHOanimetionRECORDS」のYURiKAさんと大原ゆい子さん、福山沙織さん、「82回目の終身刑」、BiBiさん、Lalamiさん、玉岡マサノブさん、Magumaさんなどがライブを披露。神戸を中心に活動しているDJたきったさん、ダンサーのハマーダさん、コスプレパフォーマンスユニット「コスつく」も出演し、会場を盛り上げる。

 同イベントのホームページなどでコスプレイヤーモデルを務めるのは「てろにゃんa.k.a松林てろる」さん。てろるさんは、「ミスiD2018」のファイナリストで地下アイドルとアニソンDJの二足のわらじを履きこなしており、会場ではコスプレだけでなくDJも披露する。

 当日は、神戸市産業振興センター8階にコスプレ更衣室(10時30分~16時30分)を用意。観光船「ファンタジー号」や「モザイク大観覧車」前などではコスプレイヤーモデルによる撮影会も行う。コスプレ参加費、カメラマン登録料はそれぞれ1人2,000円。

 神戸出身のてろるさんは「地元で野外コスプレイベントが開かれるのはとてもうれしい。コスプレになじみのない方々とも交流したいので、撮影してくださる際は気軽に声を掛けていただければ」と笑顔で話す。

 ムサさんは「音楽活動をする中、アニメ・漫画が好きだということをずっと伏せてきたが、公表してからは神戸発のアニソン系サブカルイベント『アニバースト!』を主宰させていただくなど、活動の幅が広がった。神戸でのサブカルイベントは室内開催がメインだったが、今回は初めてどなたでも参加しやすい野外フェスとして企画した。興味はあるが、なかなか参加する勇気がなかったという方々がサブカルチャーの世界をちょっとのぞくことができるイベントにもなれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時。小雨決行。