3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

JR神戸駅北側に立ち飲み割烹「立呑 ZUTTO」 割烹料理を気軽に

JR神戸駅北側に立ち飲み割烹「立呑 ZUTTO(ずっと)」がオープン

JR神戸駅北側に立ち飲み割烹「立呑 ZUTTO(ずっと)」がオープン

  • 116

  •  

 立ち飲み割烹「立呑 ZUTTO(ずっと)」(TEL 078-341-3990)が11月30日、JR神戸駅北側の新神戸ビル東館(神戸市中央区相生町2)1階にオープンした。

「立呑 ZUTTO」店内の様子

 同店は、「割烹料理を居酒屋価格で」「居酒屋以上、割烹未満」などをコンセプトにするリーズナブルな和食店「くずし割烹 こまじろ」「くずし割烹 Sake Sumibi」「くずし割烹 ZUTTO」などを経営する「カワード・チャレンジ」の新業態。同社がさらに価格を抑えた立ち飲み居酒屋を開いた。

[広告]

 店舗面積は13.5坪。木目と紺色を基調とした店内は、カウンターだけでなく酒だる酒樽で作ったハイテーブルも並べる。最大収容人数は約35人。黒板壁に描かれた日本地図では各地の地酒などを紹介し、短冊メニューには客が注文しやすいよう店主の新井翔碩さんがユニークな一言を添えている。店名の「ZUTTO」は、「料理の基本をずっと大切に、良い素材をずっと大切に、お客さまからずっと愛される店に」という思いを込めた。

 直送鮮魚を使った海鮮和食をメインに提供。料理で使う牛肉は全て黒毛和牛最高ランクのA5、米は丹波篠山産コシヒカリと食材にこだわる。割烹料理をより気軽に楽しんでもらえるように「神戸ではなかなか取り扱いのない日本酒」をリーズナブルにそろえるという。

 メニューは、造り各種(200円~)、串焼き各種(150円~)、「黒毛和牛A5にく寿司」(250円)、「里芋まんじゅうと生ふの揚げ出し-わさびあんかけ-」「合鴨ロースと茄子の田舎煮」(以上480円)など70種類以上。

 各種ドリンクは280円、日本酒は390円で提供。西日本での取り扱いが3店舗しかないという「灘の樽(たる)酒」(450円)や希少銘柄も多数用意する。

 新井社長は「元々居酒屋業態には興味があったが激しい価格競争の真っただ中でまさにレッドオーシャン。創業してから10年になり、今ならできるかなと踏み切った」と話す。

 営業時間は17時~23時(金曜・土曜・祝前日は24時まで)。

  • はてなブックマークに追加