食べる 見る・遊ぶ

神戸の迎賓館「相楽園会館」がリニューアル 「あいたのしむ」場所に

6000坪の日本庭園に隣接する「THE SORAKUEN」の「ヤグラテラス」の様子

6000坪の日本庭園に隣接する「THE SORAKUEN」の「ヤグラテラス」の様子

  •  

 日本庭園を有する神戸の都市公園「相楽園」の敷地内にある相楽園会館が12月12日、「THE SORAKUEN(ザソウラクエン)」(神戸市中央区中山手通5、TEL 078-341-1191)としてリニューアルオープンした。

パーティースペース「ハッサムスイート」

 同園は元神戸市長小寺家の私邸に営まれた庭園で、明治18年ごろから築造に着手し明治44年に完成。1941(昭和16)年以降神戸市の所有となり、中国の古書「易経」の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって「相楽園」と名付け、一般公開するようになった。2006年1月26日には国指定登録記念物(名勝地)に登録された。

[広告]

 施設運営は、「北野クラブソラ」「ホテル北野クラブ」「鶴見ノ森迎賓館」などの運営も行う「クレ・ドゥ・レーブ」(北野町1)。同館はこれまで、神戸市を訪れる内外の客との会談や市主催の会議などの行事に使うための施設として市が管理運営を行ってきたが、同園の魅力を生かした街のにぎわいづくりや活性化に寄与する施設として活用しようと民間に管理を委託した。

 「伝統×革新」をテーマにした同施設では、神戸のミックスカルチャーを世代や国籍を問わず「あいたのしむ」場所として、港町・神戸の多様な文化を楽しみながら「地域愛の活性化」「文化交流」などを推進する。近隣住民にとっても必要とされる施設を目指して、兵庫・神戸の商品の提供、神戸を切り口に多様な文化を楽しむイベント「KOBEGATHERING」を毎月開催するなどし、コミュニティーの構築を図る。

 同施設には、6000坪の日本庭園を眺めながら個室で食事を楽しむ完全予約制レストラン「相楽」(営業時間は18時~22時30分、土曜・日曜・祝日は19時~)、「KOBEGATHERING」の開催場所でもあり一般利用ができるカフェ「相楽園パーラー」(営業時間は10時~17時、木曜定休)、1日2組限定の結婚式やレセプションなどで利用できるパーティースペース「パークスイート」「ハッサムスイート」「ヤグラテラス」などを設けるほか、少人数でのパーティーから大規模宴会、会議や展示会など幅広く対応可能なさまざまなスペースを用意する。

 同施設マネジャーの山下琢也さんは「神戸市の施設であったが、これまではなかなか市民の皆さんが利用される機会が少なかったと聞いている。当社が間に入ることによって、神戸市と一般の皆さまをつなぐ場所になれば」と話す。「神戸の良いものをどんどんこの場所から発信していきたい」とも。