食べる

神戸・元町の「シェルビー」が店名変更 ハンバーガー&アメリカンフードの店に

ハンバーガー&アメリカンフードの店「JUNK FOOD CAFE SHELBY(ジャンクフード・カフェ・シェルビー)」店主の杉本大輔さん

ハンバーガー&アメリカンフードの店「JUNK FOOD CAFE SHELBY(ジャンクフード・カフェ・シェルビー)」店主の杉本大輔さん

  •  
  •  

 神戸・元町の喫茶店&アメリカン雑貨店「SHELBY(シェルビー)」(神戸市中央区栄町通3、TEL 078-777-2587)が3月20日、店名をハンバーガー&アメリカンフードの店「JUNK FOOD CAFE SHELBY(ジャンクフード・カフェ・シェルビー)」に改めオープンした。

ハンバーガーはプロレスラー・のはしたろう選手も薦める

 店舗面積は約15平方メートル。席数はソファ12席、カウンター4席を用意。店主の杉本大輔さんがプロデュースした店内は、全ての壁をテーマパークなどの壁面を手掛けるデザイナーが施工。トイレの内装はだまし絵専門のデザイナーが手掛け、女性専用メークルームも完備する。

[広告]

 メニューは全て杉本さんが考案。喫茶店ながらオリジナルハンバーガーが評判で、オープン当初は5種類だったメニューは現在10種を超える。見た目もカラフルでボリュームがあり、SNSの投稿を見て遠方から来店する人も多いという。

 これまでは杉本さんがセレクトしアメリカから取りそろえた雑貨も店内で販売していたが、ライブ・パーティー・セミナーなどのレンタルスペースとしての利用も増え、雑貨の販売スペースをさらに有効利用するため終了を決めた。

 店名変更をきっかけにハンバーガーとアメリカンフードのメニューも新しく追加。淡路島産「成井さんちの完熟たまねぎ」を使った「グリル・オニオン・ハンバーガー」をはじめ、4月からは「ダブル・フィッシュ・ハンバーガー」(以上1,180円)、「シェルビー・スパイシー・ピラフ」(890円)なども提供している。

 杉本さんは「時代の流れもますます早くなってきている。お客さまに飽きられないよう、5周年を迎える前にリニューアルすることを決めた。雑貨の棚を取り去った分、店内がさらに自然光で明るくなり、イベント時もゆったりとしたスペースを確保できる」と話す。

 店名変更を記念して、来店客に先着でオリジナル缶バッジを進呈する(無くなり次第終了)。

 営業時間は11時~21時30分。火曜定休(月1回不定で水曜休み)。

  • はてなブックマークに追加