食べる

三宮にEXVオリーブオイルにこだわる地中海料理店 オリーブオイルのテイスティングも

オリーブオイルにこだわった地中海料理店「Olioteca KURIYA MURATA(オリオテーカ クリヤムラタ)」店主の村田直樹さん(撮影=金本義隆さん)

オリーブオイルにこだわった地中海料理店「Olioteca KURIYA MURATA(オリオテーカ クリヤムラタ)」店主の村田直樹さん(撮影=金本義隆さん)

  •  
  •  

 オリーブオイルにこだわった地中海料理店「Olioteca KURIYA MURATA(オリオテーカ クリヤムラタ)」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-515-6365)が5月8日、神戸・三宮のゴールドウッズ三宮ビル壱番館にオープンした。

料理に使うエステート系メーカーのエキストラバージンオリーブオイル

 飲食業界で約14年の経験を積んできた店主の村田直樹さんが念願だった独立の夢をかなえて出店。村田さんが厳選したEXV(エキストラバージン)オリーブオイルの味、香りに合わせて作る地中海料理とワインを提供する。村田さんがスペイン、イタリア、ギリシャなどで出合ったオリーブオイルをはじめ、販売店ではなかなか手に入らない実の栽培から収穫、オイルの生産まで自前で一貫しているエステート系メーカーにこだわってそろえている。

[広告]

 店舗面積は約6坪。席数はカウンター9席を用意し、貸し切り利用にも対応する。路地裏にある同店は店主のオリーブ色のロードバイク、オリーブの木と実にしずくを組み合わせたブルーグリーンのロゴマークが目印。店内の白い壁は地中海にある建物をイメージし、葉脈に見立てたグリーンのタイルが明るく清潔感のある空間を演出する。カウンター棚には珍しいエキストラバージンオリーブオイルの瓶がずらりと並ぶ。

 店名の「オリオテーカ」とは、オリーブオイルを試飲して気に入ったものを購入できる場所を意味し、自身の名字に「料理をする所」である厨(くりや)を付けたという。村田さんは「入店の際にまず触れていただく扉の取っ手はオリーブの木でできている」と明かす。

 主なメニューは、産地や風味などの説明入りリストから味見したいオイルを3種選ぶことができる「エクストラバージンオリーブオイルのテイスティング 三種の塩とバゲット添え」(600円)、耳たぶ型のパスタ「オレキエッテ」のパスタ各種(1,100円~)、「前菜盛り合わせ」(1,290円)、「EXVオリーブオイルでマリネしたブラックアンガス肩ロースのステーキ」(1,590円)、「愛媛産真鯛(まだい)のカルパッチョ」(1,100円)など。

 ドリンクは、生ビール(540円)、ワイン(グラス=550円~、ボトル=3,200円~)、自家製サングリア(赤・白、650円)、ソフトドリンク(500円)などをそろえる。

 村田さんは「エキストラバージンオリーブオイルはオリーブのジュースといわれている。ワインで言えばブドウ、日本酒で言えば米のように、オリーブの実にもいくつもの品種があり生産された土地、気温などで全く違う風味を感じることができる。いつかオリジナルのエキストラバージンオリーブオイルを作りたい」とほほ笑む。

 営業時間は17時~翌1時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加