食べる 買う

新神戸に特産物産店「兵庫県おみあげ発掘屋」 商品指定取り寄せシステム導入も

兵庫の特産品販売や観光情報を発信する店「兵庫県おみあげ発掘屋」店主の鵜殿麻里絵さん

兵庫の特産品販売や観光情報を発信する店「兵庫県おみあげ発掘屋」店主の鵜殿麻里絵さん

  •  
  •  

 兵庫の特産品販売や観光情報を発信する店「兵庫県おみあげ発掘屋」(TEL 078-891-4888)が7月4日、新神戸駅の体験型商業施設「コトノハコ神戸」(神戸市中央区北野町)3階にオープンした。

「パティシエ エス コヤマ」オーナーシェフの小山進さん

 JR・神戸市営地下鉄新神戸駅に直結したするANAクラウンプラザホテル神戸との複合施設「新神戸オリエンタルアベニュー」をリニューアルした同施設。「Destination & Experience(目的地と体験)」をコンセプトに掲げ、コト消費を中心とした「エンターテインメント」「観光」「美と健康」「ビジネス」の発信拠点を目指す。

[広告]

 同店は、五つ星ひょうご選定品や兵庫県認証食品を含む特産物産を販売するほか、観光情報を発信。広辞苑によると、「その土地の産物」として「とさん」「どさん」などと呼ばれていた「土産(みやけ)」の音の語源は「よく見て、よく調べて、人に差し上げるもの=見上げ(みあげ)」からといい、「確かな品を大切な方にじっくり選んで贈っていただきたい」という思いを店名に込めたという。

 兵庫県の観光と物産のPRを行うため、行政とも連携。兵庫県観光大使でもある店主の鵜殿麻里絵さんが地元の学生と「ふるさと愛を育てたい」と兵庫県内の複数校に声掛けし、学生が学ぶ専門分野を生かしたコラボも行っていく。

 完全予約制リザーブシステムも採用する。直接来店しないと購入できない兵庫県内の商品を事前予約することで取り寄せることができる。人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の三田本店以外では購入が難しい「小山ロール」「小山流バウムクーヘン」などの人気商品約10種をはじめ、創業明治4年の老舗店「大井肉店」の神戸ビーフ、香住松葉ガニ、県内各地の日本酒詰め合わせなど同店で受け取りできるほか、一部の商品を除き直接配送にも対応する。

 オープン初日は、人形浄瑠璃を行う「淡路人形座」座員の吉田史興さんがお祝いに駆け付けたほか、「パティシエ エス コヤマ」オーナーシェフの小山進さんと兵庫県多可町の行列ができる店「マイスター工房 八千代」施設長の藤原たか子さんが「地元と神戸をつなぎたい」と来店。来店客に直接商品を手渡すために店頭に立った。今後、「マイスター工房 八千代」の看板商品「天船(あまふね)巻きずし」も不定期で販売する。

 鵜殿さんは「県外から来られる皆さんに魅力あふれる兵庫県を知っていただきたい。非常にディープな商品も取り扱っているので、地元の方も知らなかった兵庫県の宝を再発見していただける場所でもある。今後も商品のラインアップを増やしていくので、楽しみにしていただければ」と話す。

 営業時間は11時~21時(土曜・日曜・祝日は10時~)。

  • はてなブックマークに追加