食べる

神戸駅地下に唐揚げ専門店「きしから」 唐揚げ1個からテークアウト販売も

「キッシーの鶏からあげ」「きしから」など5店舗を経営する岸章公さん

「キッシーの鶏からあげ」「きしから」など5店舗を経営する岸章公さん

  •  
  •  

 唐揚げ専門店「きしから DUO神戸店」(神戸市中央区相生町3、TEL078-599-8558)が10月23日、神戸駅地下のショッピングエリア「DUO神戸(デュオこうべ)」にオープンした。

「元祖キッシーの鶏唐揚げ」

 2015(平成27)年、三宮にオープンした1号店「キッシーの鶏からあげ」(琴ノ緒町5)、春日野道店、灘・岩屋店、湊川店に次ぐ県内5店舗目となる同店。1号店の「キッシーの鶏からあげ」を常連客が「きしから」と略したことから、2店舗目以降は「きしから」を店名にしている。

[広告]

 店舗面積は10坪。席数は、カウンター席5席、テーブル席14席。店内への入り口とは別に持ち帰り専用の小窓を設け、テークアウト販売にも対応する。

 レストランを営む父と喫茶店を営む母の下で育ったという店主の岸章公さんは子どものころ、別の仕事を夢見ていたが、学生時代に経験した居酒屋でのアルバイトで面白みを感じ飲食業界野道に進んだ。店長として神戸市内の飲食店の立ち上げなどを経験し、2008(平成20)年に独立出店した。最初にオープンした居酒屋で提供していた唐揚げが評判となり、念願だった唐揚げ専門店オープンにこぎ着けた。

 同店は全国から900店以上の唐揚げ店がエントリーする日本唐揚協会主催の「からあげグランプリ」には2016(平成28)年から参加し、中日本部門で4年連続金賞を受賞している。

 メニューは、ご飯に合うように調合したフルーツじょうゆダレで30時間熟成させる「元祖キッシーの鶏唐揚げ定食」(700円)、「旨タレがらみ唐揚げ定食」(800円)、「おろしそポン酢唐揚げ定食」(850円、以上レギュラーサイズ)など定食メニュー6種類をはじめ、それぞれ唐揚げの量を少なめにした「満腹Sサイズ」「おかずのみ」も用意する。居酒屋時代に提供していた酒に合う「極上骨付き唐揚げ定食」も用意。単品メニューとして、唐揚げは1個から販売する。

 ドリンクは、生ビール(380円)、レモンサワー(199円)、角ハイボール(380円)、ウーロン茶(150円)などをそろえる。

 岸さんは、「子どものころから唐揚げが好きで、飲食店を始めた時からいつか唐揚げ専門店をやりたいと思っていた。当時共働きだった妻からの『家では揚げ物をしたくない。手軽に唐揚げをテークアウトできると助かる』という言葉に共働き世帯の多い今の時代のニーズに合わせ、唐揚げ専門店業態に決めた。神戸を拠点に全国的に愛される唐揚げ専門店を目指したい」と意気込む。

 営業時間は11時~21時(ラストオーダー)。