見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸阪急がメッセージツリー「神戸から、笑顔の未来へ」 ブルーライトアップも

神戸阪急本館2階パティオステージ2にメッセージツリー「神戸から、笑顔の未来へ ~心おどる風が吹く、この街から~」展示

神戸阪急本館2階パティオステージ2にメッセージツリー「神戸から、笑顔の未来へ ~心おどる風が吹く、この街から~」展示

  • 4

  •  

 神戸阪急(神戸市中央区小野柄通8)本館2階パティオステージ2に現在、「神戸から、笑顔の未来へ ~心おどる風が吹く、この街から~」と題したメッセージツリーが展示されている。

メッセージを寄せた神戸発アイドルユニット「KOBerrieS♪」

 神戸にあるウッドデザインのコミュニティー「SHARE WOODS」で代表を務める木材コーディネーターの山崎正夫さんが企画の趣旨に賛同し、六甲山の間伐材などを使って制作。緊急事態宣言に伴う一部フロアの臨時休業で中止となったイベントに出店・出演予定だったアーティストらや神戸にゆかりのある人たちに呼び掛けて実現にこぎ着けた。

[広告]

 オーナメントとして、同店と共に来店客に笑顔を届けてきたアーティストやさまざまな分野で活躍する40人以上のメッセージを展示。外出自粛生活を経験した今の気持ちや未来への願いなど、前向きなメッセージが寄せられた。

 神戸発アイドルユニット「KOBerrieS♪」キャプテンで須磨区代表の小形優莉さんの「今大変な状況を乗り越え、前向きに神戸の魅力と元気を全国に発信していきます!」、ナガサワ文具センター商品開発室室長の竹内直行さんの「いいひと・いいまち・いつまでも“神戸色は人を幸せにするためにある”温かい手書(描)き文化を神戸から世界へ。」、メッセージカードをデザインした大阪出身のイラストレーターMURKOSさんの「この間、社会を支えてくださっている皆さま、ありがとうございます。これからの日常をみんなと笑顔で過ごすために、自分にできることをしていきたいと思います。日々を楽しむことも大切にしながら、未来に向かって頑張りましょう。」などのメッセージを展示。モザイクタイルアーティスト中村ジュンコさん、昨年10月の神戸阪急誕生祭でイメージイラストを描いた神戸在住イラストレーター都あきこさんなどの作品も飾る。

 同店は、新型コロナウイルス感染症の治療に尽力している医療従事者への感謝を込めた神戸市の取り組み「#Light It Blue」にも賛同。6月11日より、本館2階北側入り口にある広場「グランパティオ」を青色の光でライトアップしている。今後の日程は18日、25日(18時30分~23時)。

 営業時間は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は10時~19時(レストランは11時~20時)。展示は6月30日まで。