見る・遊ぶ 買う

神戸のイラストレーターが自転車タイヤメーカーとコラボ 淡路島ご当地モデル発売

淡路島内限定「アワイチ」モデルの発起人「Panaracer(パナレーサー)」の宮路佳秀さん

淡路島内限定「アワイチ」モデルの発起人「Panaracer(パナレーサー)」の宮路佳秀さん

  • 156

  •  

 自転車向けタイヤ・化成品メーカー「Panaracer(パナレーサー)」(本社=兵庫県丹波市)が9月4日、淡路島内限定のロード用タイヤ&チューブを淡路島内「ファミリーマート」(一部店舗を除く)で販売すると発表した。

目印は「アワイチ」のぼり旗

 1952(昭和27)年創業の同社では、シティサイクル用からロード、マウンテンバイク用のレーシングタイヤチューブをはじめ、車いす用、一輪車用などを製造。自転車用ポンプなどの関連商品や工業用のゴム用品や樹脂部品なども販売している。

[広告]

 四季を通じて楽しめる人気のサイクリングスポットとして知られる淡路島。淡路島1周をサイクリングすることを「アワイチ」と呼び、多くのサイクリストに親しまれている。

 今回の淡路島ご当地モデル発売の発起人は同社の宮路佳秀さん。「淡路島に多数の店舗を展開されているファミリーマートの担当者さんから、淡路島にはサイクルショップが少なく、パンクトラブルなどを心配されるサイクリストが多いとお聞きした」と明かす。そこから「サイクリングを安心して楽しんでもらいたい」という両社の思いが一致し、淡路島土産にもなる同商品の企画がスタート。共同開発することで淡路島内での限定販売が実現した。

 パンクトラブルの対処用としてだけでなく、土産に買って帰りたくなるようなご当地色を出したデザインにしたいと、宮路さんの自転車仲間でもある神戸生まれ・神戸育ちのサイクルイラストレーター・ウエツキめりぃさんに相談。名産品であるタマネギをモチーフにしたキャラクター「たまねぎぼんず」が誕生した。ウエツキさんは、自転車雑誌や自転車サイトでイラスト・コラムを連載。「関西シクロクロス」「龍野マウンテンバイク協会」「広島県自転車競技連盟」など自転車に関わるマスコットキャラクターの企画・制作や自転車レースの表彰台バックプレートのデザインなど数多く手掛けている。

 販売する商品は、ロードタイヤ「クローザープラス(700×25C)『アワイチ』モデル」(3,381円)、高性能チューブ「R-AIR700×23~28C用 仏式 48mmバルブ 『アワイチ』モデル」(1,715円)。携帯ミニワンタッチポンプ(2,400円)、パンク修理セット(1,181円)も用意する。

 キャラクターについてウエツキさんは「淡路島生まれの『たまねぎぼんず』は、アワイチしているサイクリストの影響を受け、成長と共に手足が生え、お尻もくびれ自転車に乗れるように。野菜ですが、ちゃんとヘルメットもかぶっている(笑)」と明かす。

 宮路さんは「淡路島を自転車で1周するイメージをラベルのデザインにも取り入れている。ファミリーマートのブランドカラーであるブルーとグリーンをベースにしたラベルには淡路島も描かれている」と話す。「『アワイチ』『タイヤとチューブもあるよ~!』が書かれたのぼり旗を目印にしていただければ」とも。