食べる

三宮に「香港のレストラン」イメージした飲茶バル 手作り点心を楽しんで

飲茶バル「蒸龍(チェンロン)」店主の大西啓太さんとスタッフ

飲茶バル「蒸龍(チェンロン)」店主の大西啓太さんとスタッフ

  • 16

  •  

 飲茶(ヤムチャ)バル「蒸龍(チェンロン)」(神戸市中央区三宮町2、TEL 078-321-2210)が3月29日、神戸・三宮本通商店街にあるマルコビル1階にオープンした。

「小籠包」

 元町駅近くの鳥料理の店「ダイニング居酒屋 鶏バル」の姉妹店としてオープン。店主の大西啓太さんは独立前に12年間勤めた中華料理の経験を生かし、念願だった中華料理メインの居酒屋を出店する夢をかなえた。

[広告]

 「飲茶バル」という業態での出店について「周辺にお酒が楽しめる飲茶の店が無かったことから決めた」と大西さん。店名の由来について「点心を蒸したせいろから立ち上がる湯気が竜のように見えることから名付けた」と明かす。

 店舗面積は13坪。席数はテーブル20席で、15人以上の貸し切り利用にも対応する。白と木目を基調とした店内には天井から中国のランタンをつるし香港にあるレストランのような空間に仕上げた。

 ランチは「せいろ点心ランチ」(5種=1,650円、3種=1,350円)、「エビチリランチ」(900円)、「くろず酢豚ランチ」(870円)、「中華おかゆランチ」(870円)など。ディナーは「小籠包(ショーロンポー)」「水餃子(ギョーザ)」「エビ蒸餃子」「肉シュウマイ」「スペアリブの柔らか煮込み」「とりもみじのピリ辛煮」(以上565円)など、オーダーが入ってからせいろで蒸し上げる手作り点心に加え、「棒棒鶏(バンバンジー)蒸し鶏胡麻(ごま)だれ」(495円)、「ピータン特製ソース掛け」(418円)、「丸ごとトマトと野菜のナムル」(550円)、「上海焼きそば」(830円)などの単品メニューを用意する。

 ドリンクは、生ビール(小=429円、中=495円、メガ=1,100円)、果実酒(495円)、ハイボール(495円~)、紹興酒(440円)、焼酎(麦・芋、462円~)、日本酒(420円~)、ソフトドリンク(275円)などをそろえる。

 大西さんは「三宮へ買い物に訪れた際にはランチで点心を楽しんでもらい、夜は元町で鶏バルの鶏料理を楽しんでもらいたい。三宮から元町へ周遊しておいしい料理も楽しんでもらえれば」と話す。「今後は若いコックたちに違う業態のバルをどんどん任せて店舗を増やし、若い世代にチャンスを与えられる企業を目指していきたい」と意気込む。

 営業時間は、昼=11時30分~13時45分、夜=16時~22時(以上フードラストオーダー)。木曜定休。緊急事態宣言・兵庫県時短要請などにより営業時間を変更する場合がある。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース