見る・遊ぶ

神戸・新港突堤に都市型アクアリウム「アトア」 ラッピングバスでPRも

都市型アクアリウム「atoa(アトア)」のラッピングバス

都市型アクアリウム「atoa(アトア)」のラッピングバス

  • 3

  •  

 都市型アクアリウム「atoa(アトア)」が10月29日、神戸・新港突堤西地区の「神戸ポートミュージアム(KPM)」(神戸市中央区新港町)内にオープンする。運営はアクアメント。

神戸ポートミュージアム(KPM)外観

[広告]

 敷地面積は5600平方メートル。水槽59基、約100種3000点の生物とアート約50点を展示する。施設名は「Aquariumu=水族館」「to=と」「Art=アート」を掛け合わせた造語。館内は8つのゾーンに分け、各ゾーンのテーマに沿った展示と空間演出を行う。

 オープニングプロモーションの一環として現在、同館のラッピングバスを運行している。神戸市内を中心に淡路方面などを走る高速バス「ハーバーライナー(神姫バス)」1台で、2年間の運行を予定する。

 車体には同館内で展示予定の「ハナミノカサゴ」「トラフザメ」「ピラルク」など5種類を描き、アートと融合した同館の世界観を表現する。

 今回のラッピングバスは同館が契約を結ぶ連節バス「Port Loop」協賛プランの一つとして実現。今年4月から運行を始めたPort Loopは、三宮とウオーターフロントエリア・新港突堤西地区を結ぶ新たなアクセス手段で、神戸阪急前「三宮駅前」から同館最寄りのバス停「新港町」(同館まで徒歩1分)の乗車時間は約7分となっている。

 同館広報担当者は「9月からはアトアのロゴ入りPort Loopの運行を予定しており、共にウオーターフロントの新たなランドマークになれば」と期待を寄せる。

 開館時間は10時~21時。入場料は、大人=2,400円、小学生=1,400円、3歳以上=800円、3歳未満無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース