見る・遊ぶ

神戸の歌手が浅川マキさんリスペクトCD 寺本幸司さんプロデュースで全国発売

音楽プロデューサーの寺本幸司さんと歌手の伊香桃子さん

音楽プロデューサーの寺本幸司さんと歌手の伊香桃子さん

  • 0

  •  

 歌手のウタモモこと伊香桃子さんが1月23日、ライブハウス「神戸VARIT.(バリット)」(神戸市中央区下山手通2)でCDアルバム「Good-bye ~浅川マキを抱きしめて~」全国発売ワンマンライブを開く。

ピアニストの土井淳さんと歌手の伊香桃子さん

[広告]

 モモさんは神戸生まれのシンガー・ソングライター。10歳の時、「ザ・ディランII(セカンド)」の西岡恭蔵さんに憧れてフォークギタリストを目指し、東京自由学園大阪校(音楽専門高等学校)に進み、「歌が歌える自分」に気付き歌手に転向。その後、数々のプロミュージシャンとの音楽活動をはじめ、タレント、デザイナー、イラストレーター、シナリオライターなどの才能も生かしマルチアーティストとして表現活動を行う。

 昨年12月22日に「PCI Music」から全国リリースした同アルバムをプロデュースしたのは寺本幸司さん。寺本さんは、イルカさんの「なごり雪」、桑名正博さんの「セクシャルバイオレットNo.1」などのほか、「アンダーグランドの女王」と呼ばれる故・浅川マキさんを発掘した音楽プロデューサーでもある。

 昨年2月、モモさんが寺本さんと出会ったことから制作企画が始まった。寺本さんは「伊香桃子20才(はたち)、浅川マキの最後となった大阪公演を見に行って聴いてから、モモのカラダのなかにマキが棲(す)みつくようになった。いま伊香桃子36才、浅川マキに思いを馳(は)せて、生まれ育った神戸のミュージシャンたちと4ヶ月かけて、このCDアルバムをつくり上げました。聴いてほしいです」(原文ママ)とCDアルバム帯にコメントを寄せている。

 同アルバムにはモモさんが歌う浅川さんの楽曲全11曲を収録。価格は3,300円。収録曲「グッドバイ」の作曲者でもあるジャズピアニスト・板橋文夫さん、ロックバンド「KING BROTHERS(キング・ブラザーズ)」をはじめ、当時関わったミュージシャン、作家などが参加している。

 ジャケット写真は、昨年4月に刊行された寺本さんの著書「音楽プロデューサーとは何か 浅川マキ、桑名正博、りりィ、南正人に弔鐘は鳴る」表紙のポスター前で撮影したモモさんを採用する。

 モモさんは「アルバムは人生を懸けた渾身(こんしん)の一枚。神戸でのライブは人生を懸けたレコ発。この記念すべき瞬間に多くの皆さんに立ち会ってもらえれば」と話す。

 18時開場、19時開演。料金は、前売り=3,500円、当日=4,500円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース