見る・遊ぶ

神戸メリケンパークでイルミネーションイベント「メヤメヤ」

「メリケンパークの夜に瞬間(とき)めく『メヤメヤ』2022」の様子

「メリケンパークの夜に瞬間(とき)めく『メヤメヤ』2022」の様子

  • 1

  •  

 イルミネーションイベント「メリケンパークの夜に瞬間(とき)めく『メヤメヤ』2022」が12月22日、神戸メリケンパーク(神戸市中央区波止場町)で始まった。主催は神戸市。

広場・回廊の様子

[広告]

 昨年初開催し、2回目となる同イベント。今年のテーマは「自然と太陽のめぐみを未来につなぐ光 Nature/Sun/Future/Vision」。コンセプトは「Electric Fish Dance / 踊ろよフィッシュ!」。

 イベント名「メヤメヤ」は、メリケンパークの頭文字「メ」と「夜=ヤ」を組み合わせた造語。100年後に「メヤメヤ」という言葉が意味を持つことを願って名付けたという。

 期間中、神戸海洋博物館の屋根を「だんじり」に見立てたイルミネーション、噴水広場の吹き上がる水へのライトアップ、広場・回廊のフロアプロジェクションなど、会場を幻想的な光で包む。

 昨年度に続き、環境に配慮したサステナブルな取り組みとして、会場内にダストボックス「BIKA(ビーカ=美化) BOX」を設置。本年度は、神戸大学の塚本・寺田研究室とともに新たな「BIKA BOX」を製作し、美化活動のさらなる普及啓発に取り組む。

 神戸市港湾局と神戸市立工業高等専門学校は、共同開発した自律移動ロボット「KobePort(oo)n(コウベポートーン)」に電飾を施し、ごみ箱をけん引しながら会場内を回遊することで美化活動に貢献する。

 このほか、日本酒好きのコミュニティースポット「灘五郷酒所」がプロデュースする「Pecha Kucha Zone(ペチャ・クチャ・ゾーン)」、空中から夜の神戸ウオーターフロントを眺める気球「The Balloon(ザ・バルーン)」、複数の利用者がペダルをこいで動かす乗り物「Meya Meya Party Bike(メヤメヤ・パーティー・バイク)」など、有料のコラボ企画も展開する。

 開催時間は17時~21時5分。入場無料(一部有料)。12月31日まで。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース