食べる

阪神・新在家駅近くにオイスターバー&焼き肉店 地域密着型店目指す

産地直送のカキ

産地直送のカキ

  • 10

  •  

 オイスターバー&焼き肉店「カキ小屋フィーバー&神戸焼肉 六甲道・新在家店」(神戸市灘区浜田町3、TEL 078-843-0229)が阪神電鉄・新在家駅近くにオープンして1カ月がたった。

「焼肉フィーバーセット」

[広告]

 産地直送のカキと焼き肉が一緒に味わえる同店。メニューは、カキ食べ放題、カキの「ヤカン蒸し焼き」、カキのだしを使ったリゾットなどを用意する。経営は、飲食店事業、美容事業などを展開するコアイノベーション(長田区大橋町4)。同社としては、これまで名古屋、大阪にチェーン展開し、同店が3店舗となる。

 店舗面積は102.8平方メートル。席数は、テーブル席6席、座敷席16席。最大22人の貸し切り利用にも対応する。店内はベージュと黒を基調とし、赤色のインテリアをアクセントに使う。

 カキメニューは、「生カキ」(1個=440円、3個=1,300円、5個=2,200円)、「やかん蒸し」(500グラム=1,800円、1キロ=2,800円)、「カキのオイル漬け」(3個660円)、「カキフライ」(5個=660円、10個=1,100円)、「カキだしリゾット」(660円)など。2人から注文できるコースメニュー「生カキ&やかん蒸し90分食べ放題 フィーバーセット」(4,378円)、「やかん蒸し90分食べ放題 カキ小屋セット」(3,278円)も用意する。

 焼き肉メニューは、「牛カルビ」(640円)、「三元豚カルビ」(610円)、「豚肩ロース」(550円)、「サーロイン(150グラム)」(2,310円)、「タン」(980円)、「ハネシタ」(330円)、「鶏もも」(390円)、「鶏むね」(360円)、「赤セン」(360円)、「テッチャン」(390円)、「ミノ」(480円)、「マルチョウ」(430円)、「コリコリ」(270円)、「ウインナー」「チョリソー」(以上440円)、「焼肉フィーバーセット」(4,780円)など。

 ドリンクは、ビール(500円~)、チューハイ(450円~)、ハイボール(600円~)、梅酒(600円)、焼酎(400円~)、ワイン(グラス=500円、ボトル=3,000円)、ソフトドリンク(100円)などをそろえる。

 丸上徹也社長は「カキと焼き肉で好みが分かれても、一緒に楽しんでもらおうとハイブリッド店舗にした。ファミリー層や学生の多い地域なので、地元の人に愛される地域密着型の店を目指したい。おいしいカキと肉を食べながら家族や友達同士の絆を深められるような店になれば」と話す。

 営業時間は11時~23時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース