見る・遊ぶ

神戸・異人館で「猫の日」に「ねこ展」 フェリシモ猫部も協力

ねこ展が初開催される「うろこの家」(写真提供=うろこの家)

ねこ展が初開催される「うろこの家」(写真提供=うろこの家)

  • 3

  •  

 第1回ねこ展「ニャッ!!」が2月22日から、神戸・北野の異人館「うろこの家・展望ギャラリー」(神戸市中央区北野町2)で開催される。

第1回ねこ展「二ャッ!!」のポスター

[広告]

 猫の鳴き声「にゃん・にゃん・にゃん」の語呂合わせで「猫の日」と定められている2月22日に始める同展。フェリシモ(新港町)の猫好きが集まり、部活動として2010(平成22)年に発足した「フェリシモ猫部」に所属しているアーティストの作品をはじめ、猫をモチーフにしたアート作品約50点を展示。会場内では部活動の内容も紹介する。

 主な出品作家は、Artist Rinさん、えど☆ざわさん、及川美沙さん、神谷利男さん、加悦雅乃さん、ハラミチヨさん、福嶋吾然有さん、笑う猫工房、くまみねなど。作家の一人で「神戸を溺愛」するという「えど☆ざわ」さんは、旅する猫を通して「神戸を深いところまで紹介する」イラストレーターとして、2019(平成31)年に「うろこの家」でデビュー作を発表。以来、100作を超えての凱旋展示となる。

 うろこの家のゼネラルマネージャー、崎原朝香さんは「愛猫家の方々はもちろん、愛犬家、そのどちらでもない方々にも、人をとりこにする猫の魅力を存分に楽しんでいただきたい」と呼びかける。「続くペットブームの中で決して幸せな状態にない動物達にも心を寄せていただければ」とも。

 営業時間は10時~17時。入館料は1,100円。3月31日まで。期間中募金箱を設置し、集まったお金は「令和六年能登半島地震動物対策本部」に寄付する。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース