食べる

神戸・王子公園のジェラート専門店が「国際ジェラートコンテスト」で6位に

課題部門で6位に入賞した「ストラッチャテッラジェラート」(チョコチップジェラート)

課題部門で6位に入賞した「ストラッチャテッラジェラート」(チョコチップジェラート)

  • 42

  •  

 王子公園のジェラート専門店「Gelateria Montion(ジェラテリアモンクション)」(神戸市灘区福住通4 )が、イタリア・リミニで1月23日に開催された「2024国際ジェラートコンテスト」の課題部門で6位に選ばれた。

「ストラッチャテッラジェラート」と店主の黒木大智さん

[広告]

 同コンテストは、世界最大級のジェラート、製菓、ドルチェの国際見本市「SIGEP」で、イタリアジェラート協会(SIGA)が主催する権威ある大会。イタリアをはじめとする世界各国からジェラート職人が参加し、総数100品以上のジェラートが出品された。

 課題部門のテーマとなった「ストラッチャテッラ」は、イタリアで定番のチョコチップジェラート。店主の黒木大智さんは「本場イタリアで納得してもらえるジェラートの味を作れるように、素材にこだわって何度も改良を重ねた」と振り返る。素材には、養蜂歴60 年以上の「吉田養蜂場」の神戸産蜂蜜や神戸・塩屋にあるチョコレート専門店「シオヤチョコレート」の特注ビーントゥバーチョコチップなど、兵庫県の素材を使った。

 自由部門の抹茶とコーヒー、酒かすを組み合わせたマスカルポーネのジェラートの素材も、灘区内にある「萩原珈琲(コーヒー)」や近隣の酒屋から仕入れた。

 「ジェラートの勉強をし始めたころから目指していたコンテスト。神戸食材を使ったり、周りの店に協力いただいたりしたおかげで、10位を目指していたところ6位の入賞ができた」と喜びの表情を浮かべる黒木さん。「特別賞については受賞していたことは先週分かったので、仕入れに関わってくれた関係者にはこれから直接報告しに行く」とも。

 受賞したジェラートは3月から、期間限定で販売する予定。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース