見る・遊ぶ

神戸で嘉納千紗子さん個展-ストローを束ねたオブジェで「陰と陽」表現

赤いストローを束ねて作られた大きな作品が展示されモダンな空間を創り上げている

赤いストローを束ねて作られた大きな作品が展示されモダンな空間を創り上げている

  •  

 神戸市在住のアーティスト・嘉納千紗子さんの個展「INNER MIND-深層心理にあるエネルギー」が現在、海外移住と文化の交流センター(神戸市中央区山本通3)で行われている。主催は「C.A.P. 芸術と計画会議」(同、 TEL 078-222-1003)。

軽くて繊細なストローも束ねることで強いハニカム構造になる

 以前は油彩の抽象画家としても活動していた嘉納さん。その後、ウエーブを表現した絵画やガラスのオブジェなどを手がけ、現在では「自然の秩序」を表す「陰と陽」2つの気を作品で表現している。

[広告]

 会場には、赤いストローを束ねて作った大きな作品がモダンな空間を創り上げている。嘉納さんは「束ねたストローの片側だけをバーナーで焼き固定し作られたブロックは、柔軟なウエーブを描くことができるオブジェになる。ブロック1つの重さは約10キロ。2つのブロックを組み合わせて1つの作品ができている。軽くて繊細なストローも束ねることで強いハニカム構造になり、そこから無限の未来がのぞけるように感じた」と話す。「今回の作品は、マイナスからプラスに転じエネルギーに変わる様子を表現した」とも。

 同展では、「陰と陽」を表現したアルミニウムを使った絵画作品や「有馬温泉路地裏アートプロジェクト」の作品写真も展示している。

 開館時間は10時~19時。月曜休館。今月30日まで。